上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1月15日
Beach Loadで降ろされた俺たちはどこへ向かうべきか。
sig (2)
Beach Loadのバス停。
sig (1)
バス停そばの映画館。インド映画が満載。

シンガポールについて持っている情報は以下の限り。
・チャイナタウン周辺に若干宿がある事。
・チャイナタウン周辺に亜東という綺麗な建物がある事
 ここは来る前にグーグルアースで調べなんとなく覚えている程度だが・・・
・ブギスと言う駅のパルコ前にモスバーガーがあり、その目の前に
 シンガポールではなかなか見つけられないゲストハウス、亜州ホテルがある
以上である。 ただし地図などは何もない。

そして現在は日本円とマレーシアリンギットしか持っていないので
ここシンガポールでは現時点で無一文だ。

であればまず最初にすべき事は両替だ。
これをしなければ移動すらできない。
sig (7)
近代的な建物と綺麗な街並み。

近くを少し歩き香港系のお兄さんに「近くに両替所がないか?」聞くと
すぐ側にバスターミナルがありそこで両替できる事がわかった。
しかも道を聞いた所に電車(MRT)の駅を示す矢印が出ていた!
sig (4)
早速バスターミナルへ向かう。
sig (5)
すぐに見つかり両替所も発見!
持っていたマレーシアリンギットを全てシンガポールドルへ変える。
sig (3)
無一文から脱出!これでかなり落ち着いた。。。
sig (6)
今いる場所はニコルハイウェイという所らしい 。
さて先程見つけたMRTの駅へ向かいまずは路線図を眺める。

時刻は14時、とりあえず宿探しをしなければ。
チャイナタウンに行けば何とかなるだろうとチャイナタウンまでの切符を購入。

切符代2.5SGD(約150円)。
KLでは数十円だったのに早速シンガポールの物価の高さを思い知らされる。。。
sig (8)
電車の中は比較的狭め。
sig (10)
チャイナタウンについて地上に上がるといきなり半端ない人の多さ!!
とりあえず人の群れから大通りに出てグーグルアースで一度だけ見た
地図を思い出し、ホテルや亜東があった場所を目指してみる。
sig (11)
確か方向的にはこっち。。。と自分に言い聞かせ進むと白い綺麗な建物が沢山出てきた。
これは間違いない!そしてさらに進むと見つけました・・・。
sig (12)
亜東である。
この亜東を見つけたのは日本で格安旅行のサイトを見ていた時に広告の枠に出ていた。
とても魅力的だなぁとW氏と話、建物に書いてある「亜東」の文字だけを頼りに探し出したのだ。
sig (13)
周りにはこの建物の絵を描いている人もチラホラいる。
チャイナタウンの騒がしいさから一遍、一面に白い建物が広がり
その中でも三角地帯に建つ亜東の存在感は素晴らしい。
sig (15)
この辺りの建物は皆絵になる!

亜東を見た俺たちは近くのホテルに入り宿探しを始める事にした。
3、4件ホテルに入ったがどこも満室。
唯一空いていたホテルもツインルームしかも窓無しで1部屋140SGD(約8400円)。
台北、ペナン、KLと比べ断然高い。。。
やはりシンガポールでの安宿探しは難しいのか。。。

ここはあきらめ、ゲストハウス「亜州ホテル」があるとされるブギスに行ってみる事にした。
先程行ったホテルのフロントにシンガポールのマップをもらったのでそれを頼りに駅を探す。

シンガポールはとにかく熱い。今回の旅台湾→ペナン→KL→シンガポールと南下してきた。
さすがにシンガポールが断トツ熱い。 宿探しにはかなり辛い気候。

MRTでブギスに着いた俺たちはまずパルコを探す。
パルコは駅から直結ですぐに見つかった。
中に入ると飲食店が何店舗もありすごく賑わっていた。
その中で特に賑わっていたのが「吉野屋」
sig (17)
あの牛丼の吉野屋だ!

バスで食べたパンケーキ以外今日は食べていない。
時刻も3時過ぎ。。。 迷わず入った!
シンガポールの初飯がBeef Bowl!
sig (14)
日本と同じく七味と紅ショウガを乗せていただく。
うまーーーい!!
最近日本では吉野屋に入っていないがこんなに旨かったんだなぁ。。。
あっと言う間に完食!

パワーをつけていざ宿探し!
おさらいだが日本で見た情報だと亜州ホテルはブギス駅近くにあり
パルコ前にモスバーガーがありその前のコーヒーショップの2Fらしい。

と言う事でパルコをでてまずは左側の通り。
しかしモスバーガー見つからない。
反対側の通りにも行ってみるが見つからない。
色んな人に聞いてみるが全く見つからない。。。
W氏もこの暑さでかなり疲れた様子。

でもなんとなく最初に行った方で見落としてる感じがして(本当に予感だが)
もう一度最初に出た方に行きもう少し歩くと分かりづらい場所にモスバーガー発見!
と言う事はその対面をみると・・・、「亜州ホテル」の看板!
sig.jpg
今までの疲れを忘れコーヒーショップに入り2Fへ上がろうとすると
店員のおやじに「満室だよ!」と言われかなりガックリ。
さらに「隣にもゲストハウスがある」と言われ行ってみるがこちらも満室。

この時点で言葉を失ってしまった。。。
もうあてもない。 今晩どこに泊まればいいのか。
でも探さなきゃ始まらないと思い、疲れたW氏を残し、一人宿探しを始める事にした。

亜州ホテルから奥の方へ歩いて行くとホテルを発見。
入口にいた中国系のおじさんに部屋は空いてるか聞くと空いているという。
早速中に入り部屋を見せてもらうとトリプルの部屋でシャワートイレも部屋についている。
値段を聞くと170SGD(約10,200円)
さっきより高い。でもどこも空いてないからなぁ。。。
とりあえず考えると言い残し外へ出る。

するとすぐ側にもホテルを発見。
早速EVでフロントへ行く。
フロントの店員に聞くと「空いているよ、170SGDだよ」
早速部屋を見せてもらうとさっきのホテルよりかなりきれいな部屋だがかなり狭い。
とりあえず値段交渉してみる。
すると店員が「いくらがいいのか教えろ」と電卓を渡す。
120SGDくらいまで下げたかったのでとりあえず「100SGD」と電卓をたたく。
店員は渋い顔で首を横に振る。
そして自ら電卓をたたき「150SGD」と言う。
オレはとりあえず考えると言い外へ出る。

前のホテルの方が古いが広い 値段は170SGD
後のホテルは綺麗だが狭い  値段は150SGDまで下がった。
もう1回前のホテルに行って値段交渉してみよう!

W氏のもとへ戻り、宿があった事を告げどちらかにする事にした。
最初に入った宿に再び入りもう1回部屋を見せてもらう。
そしてフロントに戻るとママらしきおばちゃんに値段交渉。

170SGDなのだがとりあえず120SGDでお願いしてみる。
すると考え出して150SGDにしてくれた。
でも満足しきれなくて今度は130SGDでお願いしてみる。
もう限界的な感じで140SGDにしてくれた!
よしここにしよう!
sig (16)
ホテルの名は「Beach Hotel」 1泊140SGD「約8400円」
sig (18)
1人当たり70SGD「約4200円」
台北、バトゥフェリンギ、ジョージタウン、KL、4泊分で約4100円なのだが
シンガポールでは1泊で4200円。その物価の高さを物語っている。。。

でもとりあえず宿を見つけられた!!
ちょっぴり休憩して街へ出かけよう!!
旅の最後の夜、シンガポールを満喫しよう!
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://ryotarousawaki.blog29.fc2.com/tb.php/679-3e338962
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。