上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1月15日
7時過ぎにはホテルを出て駅へと向かう。
トラブルもありあまり満喫できなかったKL。
このまま去ってしまうのも寂しいが仕方ない。
klsig (2)
ニャンコにお別れの挨拶。

今日は今回の旅の終着地、シンガポールを目指す。
シンガポールについては不安な事だらけ。

・地図やガイドブックなど何も持っていない
・しかも土地勘も何もない
・一番辛いのがマレーシアよりはるかに物価が高い!

そんな気持ちのまま、まずは長距離バスが出ている を目指して電車で移動。
klsig (6)
バスターミナルは非常に立派な建物でとてもデカイ。
バタワースのターミナルとは大違い。
チケットカウンターでシンガポール行きのバスを探す。
思ったより多く本数が出ているのだがバス会社に寄って値段が全然違う。
それは座席の広さなどに関連してあるらしい。
たまたま一番安いバスが次に発車するのでもちろんオレ達はそのバスに乗ることにした。
klsig (10)
座席の指定を出来た。 意外とハイテク!
klsig (7)
無事チケットを購入!
klsig (3)
シンガポール行きのバス
5時間の長旅だがトイレはついていない。
多分トイレ休憩は1回だしいつ止まるかもわからないので
もよおしてはないがトイレに行ってから乗車。
8時半定刻でバスは出発!

トイレを気にするのが嫌なのですぐ寝ることに。
klsig (11)
そして気付くとトイレ休憩のためサービスエリア的な所に入った所だった。
ちょうどもよおして来たので良かった!
ここで出しきったので後半は精神的に楽だった。

出すものを出したら腹が減ってきた。
朝から何も食べてないのだ。
klsig (4)
バスターミナルで買っておいたパンケーキでブランチ!
klsig (8)
イスラム系の運転手は歌を歌いながらバスは順調に進み
国境の町ジョホールバルに入った。

いよいよ初の陸路国境越えとワクワクする!
どうやって入るのか、島国育ちの日本人なら当たり前に思ってしまう!

バスは出国手続きのため大きな建物の下に行き、そこで全員バスを降ろされる。
特になんの指示もないのでどうしたらいいのかわからずとにかく人が進む方向へ歩く。
klsig (12)
すると空港にあるような出国審査のゲートがあった。
そこは無事抜けたが乗って来たバスはどこへ行ってしまったのだろうか??
なんとなくで進んで行くとバスが待っていた!

一安心してバスに乗るとイスラム系の運転手がマレー語で何かまくし立てて来た。
さっぱり何を言っているのかわからず困っていると
それを見かねた中国系のおばちゃんが英語で通訳してくれた。
どうやら運転手は「どこまで行くんだ??」と聞いているらしい。
 オレ「シンガポール」
 おばちゃん「シンガポールのどこ??」
 オレ「・・・・・。」
何でもない質問に答えられなかった。
何故ならどこに何があるのかもわからないのだ。
だからどこで降りるかなんか決めてない。
とりあえず終点で降りようと思っていた程度。
チケットにはBeach Loadと書いてあったので
 「Beach Load!」と言ってみた。
すると運転手はわかった的な感じで運転席へ。
オレ達はいったいどこへ向かうのか…。

再びバスは走り出す、するとすぐに大きな川が見えてきた。
中国系のおばちゃんに「まだマレーシアですか?」と尋ねると
「今はマレーシア、あの川を渡るとシンガポールだよ!」と言われた。
klsig (5)
ついに来たのだ!
初の陸路国境越え!

バスはシンガポールに入るとすぐに入国の手続きの建物に入っていく。
klsig (9)
無事に入国審査を済ませバスに戻る。

またバスは走り出す。
ここはすでにシンガポールなのである
心なしか街がきれいな気がする。

バスは前触れもなく止まった。
どうやら終点らしい。

そして当然ここで降ろされる。。。
klsig.jpg
KL到着の時以上に思った。。。
ここはどこなんだ!!!!と。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://ryotarousawaki.blog29.fc2.com/tb.php/678-290b9626
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。