上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1月12日
mppp1 (12)
台北を後にしマレーシアのペナン行きの飛行機に乗り込む。

実は台北で過ごしたこの23時間はペナン行きのトランジットタイムだったんだよね!

今回の便は少し小さめで、なんと座席にテレビもついていない(泣)
これから4時間どう過ごそう。
mppp1 (2)
でも飛行機はかなりガラガラだしまぁいいか。
mppp1 (3)
離陸して少しすると前方のスクリーンで映画が始まった!
mppp1 (7)
映画を見ながら機内食をいただく。
mppp1 (13)
もちろんビール、赤ワインをいただきなかなか優雅なフライトとなった。

そしていよいよペナンに到着。
降りてビックリなのは暑さ、台北ですら結構寒かったから油断していた。
mppp1 (14)
マレーシア入国!

さらにもっと驚いたのが当たり前だが完全異国。
mppp1 (8)
インド人っぽい人からマレー系、日本人など一人もいない。
こんな環境に台北では感じなかったワクワク感が溢れてくる!

入国審査を終えるとターンテーブル奥の銀行で両替。
これからマレーシアで3泊、シンガポールで1泊予定。
宿代と食費、それとここからは全て陸路移動。
それを考えて2万円を両替する。
mppp1 (4)
そして来たのが800RM。

さて金も替えたしいざ出発。

このペナンでは今日は綺麗な海が広がるバトゥフェリンギ
明日は世界遺産のジョージタウンに泊まる予定。

到着ロビーを抜けてとバス停へ歩く。
mppp1 (15)
するとちょうどバトゥフェリンギ方面へ行くバスがあったので
運転手に聞いてみるとあと15分程で出るとの事。

とりあえず運賃の4RM(約100円)を払おうと50RM札を出すと
運転手に「お釣りがないよ」と言われた。。。
焦りだしてオレ達は走って到着ロビーに戻り
飲みたくもない水を買ってまたダッシュでバスへ戻る。

mppp1 (10)
ギリギリ発車には間に合って出発。
mppp1 (16)
4RMのバスチケット。

一応台北の空港でバスは1時間程でバトゥフェリンギに着く事と安宿などの当りはつけてきた。

しかし途中から渋滞などもあり1時間経っても全く着く気配を感じない。

本当にバトゥフェリンギに行くのか不安になってきた。
それとバトゥフェリンギのどこで降りればいいんだろう。。。

とりあえず運転手に本当にバトゥフェリンギに行くのか聞いてみた。
すると運転手「もちろん行くさ!あと1時間くらいだよ!」
空港から1時間で着くんじゃないの!?っと思いつつもこの運転手に任せるしかない。。。

辺りも暗くなり1時間半程した頃から海沿いに出た。
さらに30分程走り賑やかなリゾートホテルが立ち並ぶ一画に来た所でブザーを押す。
そしてバスを降りる。
mppp1 (11)
降りたはいいがまったくどこかわからない。。。

時刻はすでに20時近い。
急いで今日の寝床探しである。
果たしてここはどの辺りなんだろう?
MAPと照らし合わせ台北で調べた安宿を探してみる。

近くにあった商店のおばちゃんに安宿の場所聞いて行ってみると
裏路地にEQホテルというホテルを発見。
mppp1.jpg
中に入って値段を聞いてみるとツイン、エアコン、バストイレ付で88RM。
1人辺り44RM(約1100円)。
時間も遅いし安いしここに決めた!
特に受付けのお兄ちゃんの対応が良かった。

部屋に向かおうとして何階か聞くと1Fと言われたが1階に部屋などない。
そして思い出したが海外はたいてい日本で言う1階がG
そして2階からが1Fなんだよね。

いよいよ部屋に入る。
mppp1 (6)
想像異常に素晴らしい!

バストイレも部屋にある!
これで一人44RMなら絶対安いよね!

バックパックを置きベットに大の字になる。

そして気付く。

腹減ったー。。。

よーし宿も見つかったし屋台にでも行って腹一杯食ってやろう!
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://ryotarousawaki.blog29.fc2.com/tb.php/668-3d6df271
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。