上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
釜石に到着した俺達はまずは大町の商店街を歩いてみた。
DSC08723.jpg
商店街のガレキは多少片付いているものの当然全く機能していない。

破壊されたままの街は静けさと無惨さに包まれている。
今回で釜石の街を見るのは3度目だが相変わらずこの光景を見ると言葉を失う。

その後ホテルにチェックイン。
DSC08763.jpg
今回お世話になったホテル。

オレは釜石の被災していない中妻地区を5Km程ランニング。
そして昨日から入れていなかった汗をホテルの大浴場で流した。

汗を流してさっぱりした俺はついにお母さんがいるであろう店を目指す

ホテルから20分程歩いて、事前に電話で聞いた住所を目指す。

大通りから1本奥に入ったさらに奥にお店を発見!
DSC08731.jpg
でも1回電話して住所と9月9日に釜石に行くと伝えただけ。
果たしてオレの事覚えてるかなぁ?
不安な気持ちのままドアを開けてみる。。。

中には2人程先客がいてお母さんと娘さんと思わしき女性2人がカウンターの中にいた。
お店はカラオケスナック風のお店でカウンターに7席とテーデル席1つの小さなお店。

お母さんの反応は特になし。
お母さん覚えてなさそう。。。

そりゃそうだよね!
たまたまボランティアの帰りの酒の席で少し話しただけだもんね!
わざわざ東京からくると思わないでしょ!

DSC08733.jpg
そんな気持ちのまま席に着きとりあえずビールをいただく。
そしてつきだしのさんまの刺身といかの刺身をいただく。
やっぱり釜石は海の町。
最高にうまい!

そして娘さんがビールを注いでくれたので聞いてみた。
オレ「実はお母さんと北上で会った事があるんです。」
娘さん「知ってるよ。今日東京から来るって言ってたよ。」

そしてそれを聞いてたお母さんが
お母さん「覚えてるよ!電話して来てくれたでしょ!?」
その瞬間オレは体中の血が熱くなった気がする。

そして次は三陸産のメカブ。
さらにイカのふいり。
DSC08732.jpg
このふいりが最高に旨かった!
ふは肝だから新鮮なイカじゃなきゃダメだそうだ。
お母さん「今日は遠くからお客さんが来るからって
     漁師さんに特別に新鮮なイカを沢山もらったんだよ。」

ジーンと来た。。。
涙が出そうなくらいうれしかった。

お母さんの料理は本当に美味しかった。
DSC08734.jpg
このサバ味噌も最高!

その後もお母さんと色々話した。
常連さん達とも沢山話した。
そしてみんなで笑った。
まだまだお店にいたかったが時間となりお母さんと連絡先を交換しお店を出る事に。
最後は常連さんと握手を交わし、ママともまた来るから!
と約束をして釜石の街を歩いてホテルへ戻った。

こんな遠い町でこんなに幸せ時間を過ごせた。

お母さんは津波で元々あったお店が全壊。
でも前を向いて頑張っている。
お母さんにガンバれ!っていうつもりがこっちが沢山の元気と勇気をもらった。


お母さんとの時間を思い起こしてホテルで釜石の酒「浜千鳥」を飲みながら
いつの間にか眠りに落ちてしまった。。。
DSC08742.jpg
浜千鳥

そして翌朝・・・

釜石を再びランニングし(これはまた別で書くね)
ホテルを出て電車の時間まで昨晩お母さんに教えてもらった
駅前の市場内でラーメンを食べてると突然携帯がなる。

とりあえず出てみるとお母さんからだった!
お母さん「今どこにいるの?」
オレ「市場内でラーメン食べてる」
お母さん「わかった、待ってて、すぐ行くから」
それだけ言って電話が切れた。。。
待つ事数分、本当にお母さんがやって来た!
そして一緒にラーメンを食べる。

DSC08767.jpg
サンフィッシュ釜石内の食堂

DSC08768.jpg
一緒に食べたラーメン。

お母さん「昨日は本当にありがとうね。何もできないけど見送りに来た。」
オレが勝手に来ただけなのに!
そんな事を思いつつこんなサプライズに大感動。
そしてすぐに電車の時間となってしまってもう一度お母さんと握手をして
また会いに来ると約束して改札に入ったのだった。

お母さん本当に本当にありがとう。
これからもずっと元気でかわいらしいあったかいお母さんでいてください。
また会いに行きます。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://ryotarousawaki.blog29.fc2.com/tb.php/539-a707e2a0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。