上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
4月16日現地時間21:40
ベトナム、タンソンニャット空港到着。

イミグレーションを過ぎターンテーブルで荷物を受け取り、いざ空港を出る。

そこはすでに東南アジア独特の熱風と湿度で満たされていた。

「また東南アジアに来たんだなぁ」

いきなりそんな事を思い懐かしさとこれから待ち構えている旅に胸がドキドキした。

今回は旅仲間のK氏、W氏との3人旅。
ツアープランなので空港の送迎とホテルはついている。

早速現地ガイドとラブワゴンの様な車に乗り込んだ。

バスの中には日本の地震へメッセージが。
DSC06898.jpg
こんな所にもあるとは正直ビックリ。

車が走りだしまず驚いたのはバイクの多さ。
しかもその数がハンパない!

30分程でホテルに到着。
今回のホテルはタンハイロン4。
DSC06924.jpg
場所はハイバーチェン通りにあり下調べした感じではなかなか良い場所のようだ。

チェックインを終え荷物を置く。
機内食は食べたものの何か軽く食べたい。
ベトナムと言えばフォーと言う事で食べに行く。

ガイドから教えてもらったグエンフエ通りの両替所へ行ってみるものの
時間も遅いためやっていなかった。
DSC06900.jpg
ベトナムもやはり皆路上での飲み食いが多い。

しかたなくレートは悪いが、背に腹は変えられずホテルで両替する事に。
レート 1円が240ドン
明日両替すればいいので今日は最小限と思い1.000円だけ両替し240.000ドンに。

早速街中を散策。。。
しかし歩けばすぐに客引きが寄ってくる。
そのほとんどが「お前たち、女はいらないか?」である。

そのしつこさも中々のもの。


その1人の客引きのおじさんが違う作戦に出る。
客引きおやじ 「何を食べるのか?」
 こちら 「フォー」
すると勝手に案内を始める。

すると途中でホンダのバイクに2人乗りした女が現れ
「マッサージはどぉ?」と言ってくる。 もちろん「いらない」で一蹴。
その女はいわゆる売春婦であり、この国でホンダのバイクで
客引きをする彼女達は「ホンダガール」と呼ばれている。
 ※ただし今回はガールと言うよりおばさんだったので
  これからはホンダおばさんと呼びます。

そして何故か後ろの女が降りてさっきの客引きおやじと一緒に歩き出す。

しばらく歩くと確かにフォー屋へ到着。
DSC06905.jpg
オープンエアーなお店。
マスターはしっかりしていて安心できそうなお店。

オレ達3人で席に着く。
すると何故か客引きおやじとホンダおばさんも席に着く。

オレ達3人ともまずは待ちに待ったビールを!
DSC06904.jpg
ベトナム最初のビールはタイでも飲んだタイガービール。

向こう2人は何も頼まない・・・。
何なんだろう??

そして鶏肉入りのフォーガーを頼む。
再び向こう二人とも何も頼まない・・・。
その間にホンダおばさんはしつこく営業を仕掛ける。
しかし途中であきらめたのか突然席を立ち消えていった。

ついにフォーが到着!
DSC06908.jpg
本場のフォー初挑戦!
見た目はスッキリ、麺も平打ちでおいしそう。

麺をすする。 スープを飲む。。。
いまいちピンとこない。

きっとお店によって味は違うのだろうがかなりの薄味。
ちょっと物足りないかなぁ!?
でもまずは満足、満足。

ビールとフォーで1人66,000ドン。 日本円で270円くらい。
やっぱりベトナムも安い!!

そして席を立ちホテルを目指すとやっぱりきました。
 客引きおやじ 「店を紹介してやったから金をくれ」
 こちら 「別に頼んでない。 金もない」

このやりとりが続き、最後に
 客引きおやじ 「FUCK YOU!!」

こんな感じでおやじは去って行った。。。

今日は着いたのも遅かったのでこのままホテルへ。
途中ホテル前のコンビニで買い物。
DSC06912.jpg
見つけてしまった。 
ベトナムビールと言えば333(バーバーバー)
これを買ってホテルに戻る。

333を飲んでエキストラベットで眠りについた。

明日からは本格的な旅である。

2011/4/21/17:31
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://ryotarousawaki.blog29.fc2.com/tb.php/397-d0a5328a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。