上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
山口・広島(6月5日)

岩国を後にし、宮島を目指した。
目の前には小瀬川が見えてきてそこを越えるといよいよ広島だ!

さらにしばらく走り車は宮島口に到着。
そこから今度はフェリーに乗る。
DSC05040.jpg
宮島口。

世界遺産はやっぱり違うね。
朝の大津島行きのフェリーとは全く違って船も大きくてお客さんもかなりいた。
たった10分の航海だがすごく幸せな気持ちになれた。
沢木耕太郎が九龍から香港島に渡った時はこんな気持ちだったのだろうか?
DSC05044.jpg
フェリーから見る厳島神社の鳥居。


宮島に着くとまず迎えてくれたのがシカ達だった。
人に慣れてるせいもあり非常におとなしい。
DSC05050.jpg
宮島のシカ。人慣れしている。

そして厳島神社に向かって歩いたが、その道中には沢山のお店が立ち並ぶ。
紅葉饅頭、穴子丼、焼き牡蠣、さらに牡蠣オニギリ、牡蠣バーガー、揚げ紅葉饅頭・・・。

色々見ていたが嗅覚をくすぐるいい匂い。。。

もう限界です!
焼き牡蠣をゲットし食してみる。
うっ、うまい!
牡蠣ってこんなにうまかったっけ!?
DSC05057.jpg
焼き牡蠣のおじちゃん。味はどこにも負けない!


幸せな気分でいよいよ厳島神社へ到着。
あの鳥居が目の前に。。。
日本三景の1つ目やっと制覇です!
DSC05063.jpg
宮島から見る鳥居。

DSC05066.jpg
厳島神社の入り口。

でも厳島神社もいいが、先程の焼き牡蠣のせいで気分はもっと食べたいモードに!

さらに悪いのがこの暑さ。体がアルコールを欲しがっております。。。
目の前に酒の自販機が!
第三のビールをポチッ。
さらにさらにアナゴ入り紅葉饅頭風さつま揚げをゲット!
それをツマミにビールを胃に流し込む。。。

ヤバイ。。。。。。。。

第三のビールがプレミアムモルツを越えた瞬間。
俗に言う「プレミアムの向こう側」である。。。
(テンション上がりすぎて写真撮り忘れました・・・。)

厳島神社もろくに見なかったが大満足な宮島だった!

宮島を後にし広島市内へ。
今晩の宿へチェックイン。

すぐさま晩御飯へ向かう。
今晩のメニューは王道の広島焼き!
お好み村へ突撃!
お好み村とは繁華街にある2F~4Fまで
屋台風な広島焼き屋がびっしり入ったビルである。

どこのお店もほぼ満席だったがなんとか1件だけ入れた。
お店は「更科」。
実は前に出張で来た時にもここで食べたんだ。
喜作なオジチャンがまたいいんだよね!

広島焼きの味はもちろん最高!
今度は本物のプレミアムモルツ!
DSC05074.jpg
おじちゃんの愛情をたっぷりトッピングした更科の広島焼き。

腹一杯になったがホテルに帰ると紅葉饅頭をツマミにもう一杯。
最高の一日だったよ。
DSC.jpg
シメは紅葉饅頭。そりゃそうでしょ!?


山口・広島(6月5日)

朝は昨日と同じく5Km程ラン。
DSC05090.jpg
旧広島市民球場の広島東洋カープの功績。

DSC05097.jpg
広島城。

たっぷり腹を空かせて食堂へ。
結局今朝も食べ過ぎた。。。
DSC05103.jpg
広島名物、タコ飯入りのバイキング。


最終日は飛行機の時間もあるので軽めの行動。

ホテルを出ると早速「平和記念公園」へ向かった。
広島に来たからにはどうしても行きたかったし、行かなくては行けない場所だった。

資料館の中に入って驚いたのは外人の多さだ。
やはり広島は世界中の人が訪れる所なのだ。

展示品には被爆者の毛髪や皮膚など生々しいものも多かった。
どうして広島に原爆が落とされたのか?
今も被爆の影響で苦しんでいる人達の事など凄まじい限りだ。
DSC05108.jpg
資料館内の風景。。。

DSC05110.jpg
原爆投下の8時15分で止まった時計。

しかしオレが目を引かれたのは、逆に
「戦争により日本によって苦しめられた国々の事をもっと知ろう」
と言う活動の展示物があった。 素晴らしいことだよ。

オレはもっと日本の歴史、世界の歴史を知らなければならない。
その上に今の平和な日本があるのだとつくづく感じた。

旅行の最後が少し重い気持ちになってしまったが行って本当によかった!
それから軽く昼食を取り広島空港へ。

そこでAちゃんの両親ともお別れ。
飛行機の時間までビールを飲み再び東京へ帰ってきた。
DSC05121.jpg
空港で見つけたカープコーヒー!

半年ぶりの旅行だがAちゃんもチビも本当に喜んでくれたしよかった!
そして自分自身も思いっきり楽しめた!

次は年末かなぁ!?
どこにしよーかなぁ!?
もうすでに次の旅へスタートしたのだ。

やっぱり旅は病だ!

2010/6/9/21:41
スポンサーサイト
山口・広島(6月5日)

2日目は5時半に起床し日課のランニング。
マレーグマで有名な徳山動物園
それから徳山港を回り5km程を30分くらいかけ汗を流した。
DSC04915.jpg
せっかく行ったので看板をパシャリ。

DSC04921.jpg
朝早かったのでせりが行われていた徳山漁港。


ホテルに戻り朝食バイキングへ。
出張でもそうだけど朝食バイキングはついつい食べ過ぎちゃうんだよね(汗)
DSC04928.jpg
なによりご飯の上のゆかりがたまらない。。。


ホテルをチェックアウトするとそのまま徳山港へ向かう。
そして徳山港から大津島へ渡り
2日目最初の目的地「回天記念館」を目指した。
回天とは第二次世界対戦時に作られた人間魚雷である。
文字通り人間が魚雷に乗り込み身動きするスペースもないままの状況で敵艦に突っ込むのだ。

オレが回天の事を知ったのは横山秀雄の「出口のない海」と言う本を読んだ時だった。
あまりの衝撃にいつかはこの目で事実を見てみたい気持ちになったのだ。

出口のない海へのリンク

大津島行きのフェリーはほとんど人が乗っていなかったが
すごく心地いい時間だった。 この先に回天があったなんて信じられない・・・。
DSC04943.jpg
どこまでも広がる波の跡。。。

島へ着くと歩いて回天記念館へ向かった。
徒歩10分くらいだが、まるで沖縄の離島を思わせるような
海の音と鳥のさえずりだけが聞こえる静かな道だった。
DSC04948.jpg
島の入り口にかかる看板。

回天記念館に着くと実寸大の回天が目に入ってきた。
DSC04959.jpg
記念館入り口の回天の模型。でかすぎる。。。


回天記念館へのリンク

そして記念館には当時の手紙や遺書、エピソードなど細かく展示されていた。
たった数十年前に起こった事とは思えない。
DSC04961.jpg
こんな思想信じられない。。。


回天で死んでいった人はどんな気持ちで乗り込んだのだろう。
オレにはできない。 今の時代と昔は何が違うのだろうか。
でもこの事実から目をそらしてはいけない。
DSC04973.jpg
回天発射訓練基地跡。

DSC04974.jpg
南国の様な静かで緑が鮮やかな公園。

複雑な気持ちで大津島を後にし
徳山に戻るとAちゃん両親の車へ乗り込む。

そして次の目的地、岩国を目指す。
順調に2号線を東へ。。。
するといよいよ目の前には岩国の象徴「錦帯橋」が見えてきた。
錦帯橋は日本三名橋の一つ。橋を渡るのに300円取られたよ。。。
でもその形といい、迫力といいなんか時代劇みたいで楽しかったよ!
DSC04995.jpg
錦帯橋。

橋を越えた所で腹も減ったしお昼に。。。
2件のお店が必死に客を呼んでいる。
どっちにしよーかなぁ?
店の名前は・・・。
「むさし」と「佐々木屋小次郎」・・・。
こっ、これはっ! 巌流島のムサシとコジロウではないかっっっ!?

この辺りは佐々木小次郎ゆかりの地でもあるらしい。。。
迷った挙げ句むさしへ入店。
山口牛骨ラーメンと岩国寿司を食べた。
DSC05006.jpg
岩国名物、岩国寿司(むさし)。

そしてむさしのすごいのは外にあるソフトクリームの種類の多さ!
なんと100種類!  ラーメン味や納豆味。。。
なんかマズそうだよね。。。
チビ達に5色チョコ味と巨峰ヨーグルト味を買い
少し食べたがなかなかおいしかった!
DSC05011.jpg
種類がありすぎるソフトクリーム。。。

DSC05031.jpg
佐々木小次郎の銅像。

そして錦帯橋を後にした俺たちが次に目指したのは宮島。。。
って事はもうすぐ広島だ!

紅葉饅頭目指していざ出発です!

2010/6/8/23:40
山口・広島(6月4日 初日)

昨年6月に函館、12月に箱根、そして今回は山口・広島と半年に1回になりつつある家族旅行。

5時に家を出発し羽田へ向かい、羽田からまだ見ぬ山口へいざ飛び立った!

山口宇部空港へ着くと
早速予約していたレンタカーを借りる。
DSC04710.jpg
おいでませ~。


今回飛行機はマイルで、レンタカーは楽天ポイントでと
今まで苦労しながらセコセコ貯めたポイントをフル活用した。


早速車に乗り込んだ。
山口の天気は快晴!
気温もグングン上昇!
オレも負けじとテンションあげる!
DSC04720.jpg
こういう看板見ると来た!って感じだよね。


まずは下関の「東行庵」を目指す。東行庵には高杉晋作のお墓があるのだ。

うちのAちゃんが大の幕末好き!
はじめてのデートの時、待ち合わせ場所で
彼女が読んでいたのは司馬遼太郎の「竜馬がゆく」だった・・・。
話がそれたがそれくらい幕末ファンなのだ!

東行庵は何もない田舎の中にあった。
Aちゃんが見たかった晋作の遺品が見当たらず係員に訊ねてみると
「実際あるのだが遺品の所有権を廻り、生まれ故郷の萩市と裁判中で展示許可がおりない」
との事。 2人で苦笑い。。。
DSC04749.jpg
高杉晋作のお墓。


悪夢を忘れ今度はオレの行きたかった秋芳洞へ。
秋芳洞に着くと、あんなに暑かったのが嘘の様に涼しくなってきた。
DSC04793.jpg
秋芳洞の入り口。水がハンパナク青い。。。


洞窟の中ももちろんヒンヤリ。
どうしてこんなのできたんだろー!?ってくらい絶景!
DSC04804.jpg
秋芳洞内。写真では伝えきれない。。。


そしてその上に広がる秋吉台へ。 有名なカルスト台地だ!
これまたどうしてこんなのできたんだろー!?ってくらい絶景!!
DSC04844.jpg
秋吉台のカルスト台地!

結構名所って期待して行くと「あー、こんなもんか」って所が多い。
でもこの2つはかなり感動した!
かなり癒されたよー。

癒されたら副交感神経が働き腹が減った事に気づく。。。
すぐさま食事処を探し入店。
メニューを物色し秋吉名物らしきゴボウ天キノコ丼をオーダー。
なかなかうまかった!
(写真撮り忘れたよ・・・。ショック。)
DSC04831.jpg
山口の家の屋根はかなりの確立でこの色だった。何かあるのかなぁ!?


腹が満たされ、さらに副交感神経が働き眠気が襲ってきたが
次の目的地「萩」へと向かった。

萩も幕末ファンにはハズセナイ場所らしい。
白壁が建ち並ぶ情緒ある街並み。
なんか落ち着くよね!
まず萩博物館で開催中の「討幕エネルギーの系譜」を観賞。
DSC04854.jpg

そして今度は高杉晋作の生まれた家へ。それから松蔭神社へ。
ちなみにこの辺りでは吉田松蔭の事を松蔭先生と呼ぶらしい。。。
DSC04901.jpg
松蔭神社内の松下村塾。

オレももう少し幕末を勉強してからくれば
もっと楽しめたのかもしれないね。
DSC04893.jpg
萩の古き街に溶け込んだカフェ。夏みかんソフトがおいしかった。。。

DSC04894.jpg
このビール、実はすごく気になった。 運転なのでやむなく断念。。。


太陽がだいぶ西に傾きかけてきた所で
今晩の宿がある徳山を目指した。

徳山に着くと宿にチェックイン。
そして今回はここでAちゃんの両親と合流。

徳山の駅前は思ってた以上にシャッター通りだった。。。
でもなんとか居酒屋へ飛び込み、たっぷり食べてたっぷり飲んだ。。。

なんか今日は駆け足な一日だったからすごい疲れたよ。。。
明日は徳山から出発して広島を目指すよ!

DSC04912.jpg
今日1日フルに働いてくれた愛車。別れが名残惜しい。


2010/6/7/20:12

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。