上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1月14日
ションボリしながら外へ出る。

とりあえずは出かける事にした。
kl4 (12)
チャイナタウンを抜け駅に向かった。

駅でブギビンタンまでと伝えチケットを買う。
kl4 (7)
そして1駅乗って乗り換えようと改札を出て違う路線に向かう
乗ろうとすると駅員にチケットを買えと言われた。
どうやら運行会社が違うらしい。
日本で言う東京メトロと都営の様なものだ。

kl4 (13)
ブギビンタンでは日本で言う渋谷と銀座が混ざったような所だろうか。
kl4 (4)
ピクリとも動かない人
kl4 (8)
遠めにはマレーシアのシンボル、ツインタワー!

とりあえず軽く買い物をする事に
kl4 (3)
チビ達のお土産に目覚まし時計とカチューシャを買い
スーパーでは会社の土産用にお菓子を購入。

その後腹も減ったので店を探すもどこかいまいち。
結局疲れている事もありホテルの近くでご飯を食べることにした。
帰りは歩いて帰る。
kl4 (9)
有名な屋台街を見たくてジャランアローを通過。
ものすごい数の屋台に圧倒された。
1時間程歩いてチャイナタウンに戻ってきた。

昼にも増してすごい人。
オープンエアーのレストランもあったが
とにかく暑くてエアコンの効いたレストランに入った。
kl4.jpg
中華系の海鮮料理

とにかくビールが飲みたい!
アンカービールを注文。
kl4 (15)
アンカービールなのにタイガービールのバケツ。
バケツに氷水を入れて冷やすのだ!
kl4 (10)
豚肉の炒め物
いわゆるしょうが焼きだね。
この手の味は間違いない。
kl4 (16)
またしても空心菜炒め
どうしてかこの旅でシンプルな空心菜炒めに当たらない。
kl4 (6)
ムール貝を頼んだらあさりらしき貝が・・・。
でも味は問題なし!
kl4 (11)
福建麺(フッケンミー)
濃い味太麺でとても美味しくいただいた。

このお店のお兄さんがちょっとお調子者で中々良い。
ビールをついでくれたり、写真を取ってくれたり。。。
帰り際このお兄さんとも写真取ったよ!

トラブルもあったが美味しいビールと美味しい食事をしたらだいぶ気持ちが落ち着いたよ。

明日はいよいよ初の陸路での国境越え!その先にはシンガポールが待っているのだ!
スポンサーサイト
1月14日
クアラルンプール(通称KL)に着いた俺達は
運良くチャイナタウン近くでバスから降ろされたらしい。
KL2 (5)
KLは都会!

何故運良いかと言うとKLの安宿はチャイナタウンに集まっているのだ。
早速本日の宿探し
チャイナタウンは旧正月を間近に控えかなりの賑わい。
KL2 (10)
旧正月の飾りを売るお店
KL2 (7)
チャイナタウンの入口
KL2 (9)
沢山の店が並んでいる

その中で一件のホテルを発見。
中に入って値段を聞いてみるが思ったより高い。
やはりペナンと首都KLでは相場が違いすぎるのか…。

外に出て斜め前をみるとそこにもホテルを発見。
入口が真っ黒でちょっと怪しいがとりあえず飛び込んでみよう。
KL2 (6)
ドアを開けるときちんとフロントがありそこの中国系女性スタッフに聞いてみる。
オレ「2ベッドの部屋空いていますか?」
女性「空いていますよ」
オレ「いくらですか?」
女性「バス、トイレ、テレビ、エアカン80RMです」
この内容で1人40RMか。悪くない!
オレ「部屋を見れますか?」
女性「もちろん!とても気に入るわ!」そう言ってスタッフらしきおじさんに鍵を渡した。
そのおじさんに連れられ部屋に案内される。
KL2 (2)
部屋は広くないが清潔感もあり問題ない。
この立地でこの価格ならOKでしょ!
KL2.jpg
今夜の宿はチャイナタウンにある南洋酒店。

そして宿が決まると必ず腹が減る。
時刻は3時位だと言うのにそういえば
朝のワンタンミーから何も食べてなかった。

ホテルを出て歩く。
チャイナタウンに来る途中気になったファストフードがあったので行ってみる事にした。

その名は「A/W」
KL2 (8)
名前はわからないが熊のマスコット。

KL2 (11)
中に入りメニュー見てチキンのバーガーセットを注文。

するとドリンクは何も聞かれないまま
何故かビールジョッキに入った黒ビールの様な飲み物が運ばれてきた。
メニューを見ると「ルートビアー」と書いてある。
ファストフードでビール飲めるのー!?
テンションが上がったオレは一応店員さんにビールか聞いてみるとノーアルコールと言われた。
KL2 (4)
なんだ、ノンアルコールビールかと思い飲んでみて言葉を失う…。
まっ、まずすぎる…。
ビールっぽい味を勝手に予想したオレが悪いがこれはヒドイ。
ドクターペッパーに薬を大量に足した感じ…。

でもこれも経験!
全部飲んでやる!

店は暇らしく店員達は客席に座りポテトを食べ始めた。
こーいう光景は海外では良くある。

帰り際、ポテトを食べている店員さん達と記念に写真を撮った。
旅で出会った人と写真をとるのは恒例の行動。
(この写真や今回とった色々な人との写真は今後まとめて乗せる予定です!)

A/Wを出て一端ホテルへ戻り今後の予定を決める事に。



そしてホテルで気付くのであった。。。会社の携帯がない!!!!
ウエストポーチもバックパックも何度も何度も確認するが見つからない…。
今日の行動を思い返す。
バタワースからKLに向かうバスの中で仕事のメールチェックをしたのは覚える。
でもそのまま寝てしまいそこからは覚えてない。
多分あのバスの中で落としてしまったのだ。。。

オレはかなりの忘れ物性。
ロンドンのヒースロー空港では搭乗直前にチケットをなくし
北京オリンピックの時は試合会場で入場券をなくした。
そしてベトナムでも飛行機のチケットを落としかけたがどれもなんとか乗り切ってきた。

でも今回だけはどうにもならなそうだ。
まず何をしたらいいのか。
冷静になろう。
自分の携帯に電話してみよう!
フロントに行き電話を掛けたい旨伝えるとプリペイドカードを買うよう言われる。
仕方なく20RM(約500円)を払い購入する。
安いホテルに泊まったのに意味ないじゃん!
っと思いつつもそんな事は言ってられない。

そしてかけ方を教えてもらいかけてみるが直留守になってします。
何度かトライしたが全てダメだった。

次はどうしよう。
ドコモに電話して携帯を止めてもらおう。
マレーシアでは繋がらないプライベート携帯だが
幸いこのホテルもwifiが使えドコモの電話番号を調べられた。
すぐにドコモへ連絡し止めようとするも法人契約なので中々うまくいかない。
かなりの時間を要したがなんとか止めることができた。。。

数時間この件で格闘し体力的にも精神的にももうクタクタ。。。

なにもする気になれない。外はすでに真っ暗。
さてこれからどうしょうか…。
1月14日
朝6時過ぎ真っ暗な中起床。

早速準備をしてランニングに出発!
っと思いきや1Fの玄関が南京錠で閉められている。。。

どうしようか10分程ウロウロしていたから宿のママを起こしてしまった。
「どうしたの?」と聞いてくれたので「ランニングに行きたい」
と無茶を言うと玄関の南京錠を開けてくれた。
「30分程で戻るね!」と伝えると
「ダメダメ!あと1時間は寝るからそれから帰ってきなさい!わかった?」
と言われ無理を言ってるのは俺なので渋々頷きランニングスタート。
kl (2)
時計台
kl (8)
コーンフォリス要塞

海近くにある時計台やコーンフォリス要塞などを走ったが暗くていまいち見えなかった。
もちろんモスクではアザーンが鳴り響き
kl (14)
ヒンドゥー教の人達は民族衣裳で街を歩いて何かを唱えていた。
1時間程で宿に戻りシャワーに荷物整理をしていざ出発!

これからは昨日下見をしたジェティーにあるフェリー乗り場を目指す。
kl (3)
朝のチュリア通り
kl (9)
再び出会ったヒンドゥー教徒の皆さん
kl (15)
陽気なトライショーのおじさん

kl (4)
フェリー乗り場には多くの人達が集まっていた。
フェリーはジョージタウンから対岸のバタワースに到着する。
このフェリーはバタワースから乗るにはお金がかかるのだが
何故かジョージタウンから乗る時はお金がかからない。
つまりタダなのだ!

kl (16)
フェリーが到着し皆いっせいに乗り込む。
約15分の船旅。
kl (10)
ペナンを離れるとちょっぴり淋しさがこみ上げる。
ペナンのランドマーク、コムターが懐かしい。

kl.jpg
眩しい日差しと暖かい風が気持ちいい。まさに私服の時間を。

バタワースに到着するとすぐにバスターミナルへ急ぐ。
バタワースはマレー半島の街でそこからタイ、クアラルンプール
その他マレーシアの都市行きの長距離バスが出ている。

今日目指すのはマレーシアの首都、クアラルンプール(KL)だ。
kl (11)
バスターミナルに着くとチケット売りの女の人が近寄ってくる。
チケット売り「KL?」
オレ「そうだよ。いくら?」
チケット売り「32RM」
下調べをした金額と大差はないので購入。
オレ「KLまでは何時間かかるの?」
チケット売り「約5時間」下調べでは7時間かかると書いてあったから2時間の短縮!

kl (6)
そして出発の9:15までまだ時間があったので朝食を取ることに。
kl (18)
目の前の屋台街でワンタンミーをいただいた。
kl (12)
ここは昨日と違って揚げワンタン。
味はまぁまぁってとこかな。

さくっと食べてバスへ戻る。
バスに乗る前に一服している運転手に明日のKL~シンガポール行きのバス停を教えてもらう。
どうやら今日着くバス停とシンガポール行きのバス停は場所が違うらしい。
kl (17)
そしてバスに乗り込む発車を待つ。
意外と空いている。
9:15になる、バスは発車する気配はない。
まだチケット売りが客を探している。
どうやらまだ客を乗せようとしているらしい。
そして客が増えはじめて30分遅れでバスはバタワースを出発。
アジアで30分遅れならまだ全然いいね!

kl (7)
席は左1席、右2席とかなり広々。
そのせいか出発後すぐに爆睡。

途中のトイレ休憩で目覚める。
kl.jpg
ハイウェイのトイレには日本の様にお店などない。

少ししてすぐに出発。
実は昨日、日本から仕事のトラブルがありそのヤリトリのため
携帯をチェックしながらの移動。
そして携帯を握り締めたまま再び爆睡。。。

次に気づいた時にはいきなり高層ビルが広がっていた。。。
mooo1.jpg
あっと言う間の5時間。
そこはすでにマレーシアの首都クアラルンプールであった。

バスが停車し全員降りる。。。
時刻は15時前。
さてここはどこなんだ??
まずは宿を探すためチャイナタウンを目指します。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。