上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1月13日
宿で少し休憩し晩ご飯を食べに行く事に。

途中通ったモスクではアザーンが流れ多くのイスラム教徒が祈りを捧げていた。
gt4 (1)
街は旧正月の飾りが沢山!

晩御飯はは昼間通ったカピタンレストランにした。
gt4 (4)
カピタンレストランはリトルインディアの入口にあるレストラン。
gt4 (5)
中はすでに満席。
でも2Fがあるらしくそこに通された。

頼んだのはカレーとナン、チキンのセット。
あとビールを頼もうと思ったがイスラム文化のお店だけあって置いてなかった。
gt4 (3)
仕方なくマンゴーラッシーを注文。
gt4 (2)
カレーのセットが到着。
スープ状の薄味カレーにナンをつけて食べる。
チキンにはミントソースをつける。
よく行きつけのコセリでつけるやつだ。

ナンとチキンにがっついていると外から鳴り物の音が響き
外を見ると牛が神輿の様なものを引っ張り皆で歩いている。
gt4(12).jpg
後からわかったのだがこれはヒンドゥー教のお祭りらしい。

食事も終わり外へ出るがどうも物足りない。
何故ならビールを飲んでないからだ。。。

チュリア通りを戻り沢山の屋台を通り過ぎるといくつかのBARがあった。
gt4 (6)
オレ達はその中の1件レゲエバーに入った。

この店は店内にも席があるが皆外のオープンエアーの中で
レゲエの心地よい音楽を聞きながらビールを飲んでいる。
gt4 (7)
オレはアンカー、W氏はタイガー!

この店で面白かったのが入口に掲げられてる看板。
ボブマーリーの写真の下には禁止事項が書いてある。
gt4 (8)
ピストル禁止、ドラッグなんかはわかるけど
ネクタイも禁止!
この雰囲気良くない!?

レゲエバーを満喫して最後に屋台のハンバーガー屋へ立ち寄る。
gt4.jpg
オレがフレンチフライ、W氏がバーガーを頼むとインド系黒人のお兄ちゃんが作り出す。
gt4 (11)
愛想のない無口無表情のお兄ちゃんがその巨体からは想像の出来ない程見事な手さばきで調理する。
まさに職人技。。。

出来たてアツアツをテイクアウトし宿に戻る。
gt4 (9)
ケチャップ、マヨネーズ、チリソースをこれでもか!
っと言うくらいたっぷりかけてくれたフレンチフライはビールとの相性バツグン!

美味しく楽しい夜となったなぁ。。。
gt4 (10)
大きなベットでグッスリ寝たのであった。

明日は朝から首都クアラルンプールに向けて出発します!
スポンサーサイト
1月13日
ワンタンミーを満喫しジョージタウンを散策する。

ジョージタウンは世界遺産となっている。
古くはイギリス植民地時代の建物が数多く残っており
多種にわたる宗教の建物が混在している歴史的な街だ。

どこを回ろうか迷いモスクを見に行く事にしたのだがいまいち場所がわからない。
歩いていたおじさんに場所を聞いてみると
「コムターから無料バスが出てる。MPPPというバスだよ!」との事。
コムターはジョージタウンのランドマークでどこからでも見えるのでわかりやすい。

早速歩いてコムターに到着。
gt3.jpg
色んな人に聞いてMPPPのバス停を発見。
gt3(3).jpg
程なくしてバスが到着し乗車する。
ただ、どこで降りていいのかわからないので
乗り合わせた乗客に聞いてみると
「そこには行かない」的な事を言われて唖然とする。。。

「まぁいいや、適当に降りよう」と思っていたら
マレー系のおばちゃんやインド系のおばあちゃんが
オレ達の為に何やら話し合ってくれている。
そしてマレー系のおばちゃんが「ここで降りなさい!」的な事を言うと
インド系のおばあちゃんは「まだだよ!」と言う。

そして少ししてモスクが見えると皆で「これだよ!」
とモスクを指差しながら笑っている。

オレ達は「ありがとう!」と言って次のバス停で降りた。
なんて優しい人達なんだろう。

日本で外国人が困っててもきっと皆知らん顔だよね。。。
すごく嬉しくなった!

降りたバス停はモスクを少し離れた場所で
そこからモスクにまで歩く間に沢山の文化と建物が集約されていた。
gt3 (6)
セントジョージ教会
gt3 (2)
オシャレなハリガネアート
gt3 (7)
クアン・イン寺(観音寺)
gt3 (12)
リトルインディアの入口
gt3 (13)
ヒンドゥー教のスリ・マハ・マリアマン寺院
gt3 (8)
ヒンドゥー教の神様達
gt3 (4)
カピタン・クリン・モスク
gt3 (9)
モスクの中に入り座ってみたり、写真を取ってみたりしていた。
するとイスラムの衣裳をまとったおじさんがやってきて
「君達はイスラム教徒か?」と聞いてきたので
「違います」と答えると
「ここには入ってはいけない!」と怒られてしまった。
モスクは祈りを捧げる神聖な場所で我々は入ってはいけなかったのだ。。。

でもよい経験ができた!

色々堪能したオレ達はチュリア通りまで戻り歩いて宿に戻る。

途中まだ小腹が空いていたので食べたかった
ハイナンチキンライス(海南鶏飯)を食べる事に。
gt3 (10)
そして入ったのが海南鶏飯専門の老舗、伍秀澤海南鶏飯。
夕方近かったので店も空いておりすぐに料理が運ばれてきた。
gt3 (5)
3.8RM(約95円)
シンプルにチキンとライス。そしてスープ。
チキンにかかっている甘辛のたれをライスにかけて食べると良く合う。
オレはアジアで良くでるタイ米も嫌いじゃない!
それと鶏ガラベースのスープがマジうまい!
もちろん完食。

食べおわったオレ達は一度宿に戻って明日からの旅路の確認&休憩するのでしたー。

ちなみにチキンライスを食べながら飲んだのが
ペナンでは良く見かけたアンカービールのストロング。
gt3 (14)
アルコール8%とビールにしては結構強い。
他にもストロングビールを多く見かけたけど
マレーシアでは強いビールが流行ってるのかなぁ。。。
1月13日
バスは思ったより多く走っていた。
ジョージタウンを目指すべくちょうど来たジェティー行きのバスに飛び乗る。
ジェティーとはジョージタウンにあるフェリーターミナル。
明日はフェリーでペナン島を離れてマレーシアの首都クアラルンプールに迎う予定。

明日の朝あたふたしないためにも下見をしておく事にしたのだ。

かなりの停留所に停まったのもありバスは1時間程でジェティーに到着。
gt.jpg
フェリーターミナルの入り口。 商店が多数ある。
gt (3)
果物の袋詰め。 カラフルでとても綺麗。
gt (4)
マレーシアには何故かよくある体重計。
gt (5)
フェリーターミナルの看板。

とりあえずフェリー乗り場まで行き時刻表を確認しようとしたがそんなものはなかった。
日本で調べた時には15分~20分置きに出てると書いてあったからまぁいいか。

さてさてそろそろ本日の宿探しをしよう。
ジョージタウンではチュリア通りと言う通りが安宿街らしい。
フェリーターミナルからも程近いので歩いていく。
gt (7)
古い建物が沢山ある。
gt (9)
チュリア通りに入ると活気がすごい。

左右には安宿や食堂、商店が立ち並ぶ。
gt (8)
一瞬バンコクのカオサン通りやホーチミンのデタム通りを思い出した。
gt (10)
カッコいいインド系の食堂。
gt (14)
安宿街は続く。

gt (13)
そしてオレ達が入ったのがハンチョウホテル(抗州酒店)
gt2 (1)
1Fは食堂で2Fが部屋らしい。
gt (12)
とりあえず2Fにあがると笑顔が素晴らしい小柄なおばちゃんが部屋を案内してくれた。
建物は古いがなんとも味がある。
gt (11)
ベットは2つあり1つ1つがかなりデカイ。
エアコンも完備。シャワー、トイレは共同の部屋50RM(約1250円)と
シャワー付トイレは共同の部屋60RM(約1500円)があり
我々は後者の部屋を選択。
今日の宿代は1人辺り30RM(約750円)と今回最安!
gt2 (3)
共同のシャワー、トイレ。
gt2 (2)
ここのソファでくつろいだなぁ。
しかもWifiが完備されていてスマホでネットにつなげる!
gt2.jpg
窓からのチュリア通りの眺め。
お気に入りの1枚。

宿が見つかってホッとするとやはり腹が減ってきたので
荷物を置いて街へ繰り出すことにした。
gt (15)
宿の側の映画館。

とりあえず適当な店に入ることにしたのだが
色々歩き回ったがいまいち場所がわからず食べ物屋を発見できない。
迷いながら裏道を歩いているといい匂いがする屋台を発見。
gt (17)
裏路地を歩く。
gt (20)
屋台を発見!

なんだろうと近づいてみると店のおじさんが手際良くラーメンの様なものを作っている。
看板には「雲呑麺」と書いてある。
雲呑麺とはワンタンミーと読みマレーシアの屋台の定番メニュー。
gt (18)
しかもこの屋台裏路地にあるのに地元の客でごった返していた。
これは絶対にうまいはず!
早速中へ入ってみる。
大、中、小とあったが中をオーダー。

それと喉が渇いたのでビールを飲みたかったがなかったので
皆が飲んでいる謎のドリンクもオーダー。
というか勝手にクーラーボックスから持ってきた。
gt (19)
100PLUS。 味的にはアクエリアスが炭酸入りになった感じ。
gt (21)
やってきたワンタンミー。3.2RM(約80円)
1口すすってみる。うまい!!
醤油ベースの味付けは日本人の口にも合うんだよね。
それと麺。 ベトナムで食べた焼きそばのようなタマゴ麺なのかな!?
噛みごたえもあってどんどん食べれる。
正直今振り返るとこの旅食べた物の中で1番旨かったのがこのワンタンミー!

おじちゃんご馳走様!

腹もいっぱいになりこれからジョージタウンの街を散策します!
1月13日
今日は唯一バスや飛行機の時間に追われなくてもよい日。

だから朝は少しゆっくり寝よう・・・。
そんな気持ちを打ち砕くかのように6時過ぎ
まだ日も昇らないうちに外から大音量で不気味な音楽が鳴り響く。
いったい何なんだ!?
どうやらイスラム教のアザーンらしい。
後に知る事になるのだがイスラム教では
1日5回のアザーンが流れ、皆お祈りを捧げるらしい。
もう起きてしまったので走る事にした。

mppp3 (2)
コースは特に決めていないがとりあえず隣街のトゥルクバハン方面に走ってみた。

昨日の夜バス通りにびっしり並んでいた露天は1つもなくなっていた。
あの露天はどこへ行ってしまったんだろう。。。

しばらくホテルや商店がある通りを走る。
mppp3 (7)
ハードロックカフェがホテルに!

さらに走るともう何もなくなりひたすら海岸沿いを走る。
途中段々と空が明るくなってきた。
途中ビーチに出れるところがあったので海に出てみる。
mppp3 (3)
なんかこの看板良くない!?
mppp3 (4)
なんとも幻想的な空の色。
心が洗われるよ。。。
mppp3 (5)
誰もいないのどかな道路。
mppp3 (8)
朝食を売るリキシャ。
mppp3 (20)
朝のニャンコ。 バトゥフェリンギには猫が多かった。
mppp3 (12)
しばし急速のトライショー。
mppp3 (18)
インド系のおじさん。
このおじさんノリが良くて一緒に写真も取ってくれたんだ!
mppp3.jpg
帰りにモスクも発見!
ここのスピーカーからあのコーランが流れてたのかぁ。

途中、安宿街を見つけるので寄ってみた。
なぜならオレの中の旅のバイブル「深夜特急」で沢木耕太郎はペナンを訪れている。
そして深夜特急を実写版で沢木役の大沢たかおがドラマの中で泊まったのが
このバトゥフェリンギの安宿街なのだ。
今はそのゲストハウスはなくなってしまったがその面影は今も健在。
mppp3 (10)
行きたかったゲストハウス。
mppp3 (19)
実はここ気になってたんだよねぇ。。。
mppp3 (9)
安宿街のレストラン。朝食が約70円なんて安すぎる。。。
mppp3 (11)
ドラマで大沢たかおが乗っていたブランコに似たヤツを発見!
今はそのゲストハウスは取り壊されたらしいんだよね。。。

気持ちいい汗を書いて宿に戻る。
シャワーを浴びて着替えるとやっぱり腹が減る。。。

ホテルを後に向かったのが・・・。
mppp3 (13)
マクドナルド。
やっぱりきちゃいました。。。
海外どこに行ってもファストフードには来てしまう。
mppp3 (14)
マックのお姉さんもマレー衣装。
mppp3 (15)
マフィンとコーヒーを食べて満足。

宿もチェックアウトしオレ達はペナンのメインタウン
ジョージタウンを目指すことにした。

もちろん路線バスでね!

おまけ・・・。
mppp3 (16)
アジアではよくある光景。
犬は本当にどこでも寝てるんだよねー。
しかもどいつもピクリとも動かない!
1月12日
バトゥフェリンギの街へ繰り出したオレ達はゴールデンサンズ前の大通りから屋台探しを始めた。
mppp2 (3)
マレーシア名物のトライショー

サンズとお隣ローンパインの間に屋台があるとの情報を元に進んでみたが
何もなくビーチへ出てしまった。
仕方なくビーチ沿いを少し歩いてから大通りに出れる道を見つける。

大通りに戻ってからはひたすら西へ歩く。
mppp2 (11)
この通りには露店がずっと並んでいる。
mppp2 (10)
Tシャツ、偽物の時計、偽物のブランド品、etc・・・。

しかし一向に屋台が見つからない。
結構歩き、ホリディインをすぎた所を右に曲がってみた。
そして海に近い所まで歩くと数件の屋台を発見!
mppp2 (6)
迷わず席に着いた。
すぐに10代半ばくらいの女の子が注文を取りに来てくれた。
mppp2 (5)
まずはビールを大瓶で注文。 久々のタイガー!

そして食べ物を選ぶためメニューを見ているとシーフードが多い。
女の子にお店の名前を聞いてみると「SEAVIEW SEAFOOD」と言うらしい。
やっぱりシーフードだね! 頼んだのは4品
mppp2 (1)
エビの天ぷら
mppp2 (7)
ナシゴレン
mppp2 (8)
ミーゴレン
mppp2 (9)
空心菜炒め

ナシゴレンとミーゴレンと空心菜を頼む時、女の子に「Spicy OK?」って聞かれて
辛いの好きなオレは「OK!」と答えた。
だがこのスパイシーがかなり辛い!
そりゃビールが進む進む。

辛そうにしているオレ達を見て周りで食べていたマレーのおばちゃん達が笑っている。
思わずこちらも苦笑い。。。

でもこの雰囲気最高に良かったなぁ。
アジアの生暖かい空気の中、屋台でビールとご飯、そしてこのお店の感じといい大満足!

このお店の女の子に学生か聞いてみると学生ではないらしい。
年は16才でお店で働き英語も話す。
すごいよなー。
オレが16才の時なんてもっとダラダラしてたのに。
とてもいい出会いだった。

帰りぎわに彼女にどこかサテーを食べれる所がないか聞いてみると
「LONG BEACH」と言う屋台があるらしくそこで食べれるらしい。

言われた道を歩いて行くと「LONG BEACH」の看板を発見!
mppp2 (12)

そして中に入ってビックり。
mppp2 (15)
そこは日本で言うフードコートの野外版。
mppp2 (14)
中華系、インド系、マレー系の料理に何故か日式鉄板焼きのお店。
そしてもちろんサテーの屋台も出てたよー!
mppp2 (13)
早速サテーを焼いてるお兄さんに注文する。
1皿10本入りで8RM(約200円)

注文すると適当にテーブルに座る。
すると今度は違うおばちゃんが飲み物のオーダーを取りに来た。
さっきのお店でビールを飲みすぎたのでここはジュースにしてみた。
mppp2 (16)
オレはパイナップル、W氏はスターフルーツ。
男2人でなんとも言えない光景。
mppp2.jpg
程なくして念願のサテ―が登場!!

見た目は焼き鳥を少し小ぶりにした感じ。
一口食べてみる。。。
あ、あまい。。。 想像より甘くてびっくり。
勝手に焼き鳥タレを想像していたので。。。
横についているタレをつけて食べてみる。
こちらはピーナッツジャムの様な味。
やっぱりあまい。。。

う~ん、サテーはオレ的にはちょっといまいちかなぁ。。。
でもこれも経験!

とにかく腹いっぱいになった。
帰りにコンビニでビールを買おうかと思ったが
それすら入らないくらい腹いっぱいだった。

余談だがそのコンビニにいたお姉ちゃんが最高にセクシーだった。
この旅1、2を争うお姉さん!

ホテルに帰ると一瞬で眠りに落ちてしまった。。。
明日も朝から走ります。。。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。