上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1月12日
朝5時半携帯のアラームで目覚める。
2段ベットでグッスリ寝れたらしい。

tpe40 (1)
まだ外は真っ暗だが台北の街を走ってみた。
あまりこれと言って行ってみたい場所もなかったので
とにかく市内をグルグル走ったよ。

tpe40 (2)
誰もいない台北駅
tpe40 (5)
途中見つけた台湾新幹線のポスター。
小田急のロマンスカーみたい。。。
tpe40 (3)
通りがかりのセブンイレブンの看板。
お姉さんがかわいかったのでついつい撮影。

40分程走って再び台北駅へ
tpe40.jpg
朝日を浴びる台北駅。

宿に戻り共同のシャワーで汗を流しバックパックを詰めなおし
7:45に宿を出発。

駅近くの空港バスターミナルへ。
tpe40 (6)
15分程歩いて到着。
tpe40 (9)
早速桃園空港まで125NTD(約350円)のチケットを購入。
バスの時間まで時間があったので朝食を取る事に。

tpe40 (8)
ターミナル内に大好きなダンキンドーナッツが!
海外で食べるダンキンなんかいいんだよねー。
tpe40 (7)
サンドとコーヒーで90NTD(約252円)!
tpe40 (4)
お姉さんが丁寧に作ってくれたサンド。
とても美味しくいただきました!

そうこうしているうちにバスの発車時刻に。
いよいよ台北を離れる時間。。。
バスに乗ると睡魔に襲わる一瞬で空港へ。

tpe40 (10)
木目調の格好いいカウンターを通過。
あっと言う間の台湾だったなー。

さてさてこれからは次なる地
マレーシアのペナンを目指すよ!

まだまだ旅は続く・・・。
スポンサーサイト
1月11日
夜市をめざす前にすぐそばの中正記念堂を歩いてみた。
tpe35 (2)
中正記念堂は中華民国建国の父、蒋介石を祭ってある場所らしい。
tpe35 (4)

tpe35 (3)

tpe35.jpg
夜にも関わらず記念堂の周りをランナー達が走っていたり
ライトアップされた本堂では写真をとる人達も多く見受けられた。

そこから程近い中正記念堂駅から電車に乗って
台湾最大の夜市、士林夜市へ。
tpe36 (8)
実はオレ、台湾訪問は二度目。
前回は今から8年くらい前だから記憶も曖昧だが士林の屋台は鮮明に残っている。
駅前の一画に数多くのお店があって料理もうまかった。
tpe36 (3)
とにかく人がすごい
tpe36 (12)
やたらとデカイ唐揚げ。長蛇の列が出来ていた。
tpe36 (7)
やたらと見かけた風船の射的。

しかし今回駅を降りて屋台を探すがなかなか見つからない。
所々にポツポツはあるが以前とは違う。
かなりの時間うろうろしていたが看板を見て気付いた。
どうやら去年に閉鎖されてリニューアルしたらしい。
いまいちわからないまま士林を去る。
再びあの雰囲気を味わえると思ったのでがっかりしたが違う夜市を求めて電車へ戻る。

後で気づいたのだが途中見つけた地下のフードコートがあの屋台街だったらしい(泣)
行っときゃよかった。。。

そして今度は雙連駅から程近い寧夏夜市へ。
しかしこの時点で持ち金が少なく再び両替所を探すが全く見つからない。
tpe36 (13)
両替所を探す途中に見つけたドラえもんケーキ。

お店、交番、ホテルで聞き込み結局1駅分歩いて百貨店で両替をする事に。
tpe36 (4)
明日の朝にはマレーシアのペナンに旅立つの必要最低限1000円だけ両替。

再び歩いて夜市まで戻る。
tpe36 (9)
NTDもゲットして腹も減ってきた!
tpe36 (14)
夜市を物色。 とにかくすごい人!
tpe36 (2)
やたらと見かけたカエルマークのスイーツ店

その中でとにかくうまそうだったのが焼飯。
そして地元人が食べている焼飯がとにかくうまそーだった。
と言う事でこの店に決定。
tpe36 (15)
客が食べているものと同じものを頼む。
tpe36 (11)
程なくして運ばれてきたのがこの焼飯
60NTD(約168円)
見た目サイコー。 そして味は・・・
サイコーーーーー!!
オレはボキャブラリーが乏しいので伝えきれないが
見た目を裏切らない味付け!
こんなにうまい焼飯があるのかとビックリしたほど。。。
tpe36 (6)
そしてもう一つ食べたかったのが空心菜炒め。
35NTD(約98円)
でも実際に出てきたのはレタス炒め!?
とにかくニンニク効きすぎ!!

まあとにかく屋台を満喫したのだが1つどうしても辛い事があった。
ビールがないのだ。どこの屋台に行っても誰一人ビールをのんでいない。
以前来た士林ではあんだけビールを飲んだのに・・・。

そんなこんなで屋台を後にし歩いて宿に戻る。
途中近くにコンビニでビールを買い込んだ。
tpe36.jpg
せっかくなので違う銘柄を2つ。
台湾ビールと北京で飲んだ北京ビール!

ゲストハウスのラウンジで皆飲んでるのかなぁ??なんて思いいってみる。
数人いたがみんな無言。。。
なんですか、この空気。 話しかけるなオーラ満天。
と言う事で部屋に退散しましたー。

そして部屋でW氏と飲みなおして2段ベット上段で眠りについた。
明日にはマレーシア。楽しみ!

でもその前にもちろん台北でも走るよん!
1月11日
台北での行動は何も決めてない。
とにかく腹がへっていたので何か食べに行く事に。

まずは地下鉄淡水線に乗って古亭駅を目指す。
tpe22.jpg
地下鉄の改札

tpe23.jpg
運賃は20NTD(約56円)。やっぱり安いよね!

駅を降りてすぐの所にあった「福州乾拌麺」へ入店。
tpe24.jpg
ここは乾麺が有名なお店。
メガネをかけたかわいらしいおばちゃんが注文を取りに来てくれた。
おばちゃんは片言に日本語も話せたので比較的スムーズにオーダーできた。
tpe25.jpg
店内はいたってシンプルな内装。

オレはこのお店の看板メニュー乾拌麺(小)30NTD(約84円)をオーダー。
程なくして乾拌麺が運ばれてきた。
tpe26.jpg
最初はこんな感じで運ばれてくる。
これにテーブルの上にある黒酢、唐辛子、ラー油をかけて食べる。
tpe27.jpg
汁がないのだが黒酢とラー油がうまく絡んでいい感じ。
唐辛子の辛さも混ざって食べやすくすぐに完食!
ご馳走様でした!!

少し腹が満たされたが次は小龍包を食べ行くことにした。
腹を減らそうと少し歩いて移動。
tpe28.jpg
馬英九大統領のポスターが沢山あった。

中正記念堂側にある「杭州小龍湯包」に到着。
tpe29.jpg
この道の途中にも屋台的なお店で同じ名前の店があったのだが
どうやらそこが本店のようでる。すごく活気があったなぁ。

中に入りオーダー。 ・・・っと思ったが
tpe30.jpg
どうやらこの伝票に自分で書き込み店員に渡すらしい。

台湾ビールも自分で取りに行く。
ちなみに1本40NTD(約112円)
tpe31.jpg
調味料も自分好みで選んで取る。

tpe32.jpg
台湾ビールと小龍包!
一気に口の中へと運ぶ。
少し噛むと肉汁があふれ出す!

tpe33.jpg
そしてもう1つW氏がオーダーの排骨。
こちらは海外らしい調味料にとにかく油がすごい・・・。
少し食べたがこちらはギブアップ!
でもこれも旅の醍醐味。

tpe34.jpg
先程の乾麺に加え小龍包でかなり満腹だが台湾に着たからには
行かなければならない場所がある!

そりゃー夜市でしょー!!

と言う事で夜市に向けて出発デース!
1月11日
この日からアジアツアーの始まりだ。
今回の旅は台湾経由でマレーシアのペナン島に入りシンガポールから台湾経由で東京に帰る。
初日の台北分だけ宿を予約して、あとは気のむくままに進んでみる。
どんな旅になるのだろう。
朝5時の電車に乗って成田に着いたのが7時半過ぎ。
やっぱり成田は遠すぎる。。。

旅仲間のW氏と合流しチャイナエアラインのカウンターにて登場手続き。
tpe1.jpg
いつものチャイナお姉さまがお出迎え
手荷物検査、出国審査を通過しいざ搭乗ゲートへ!
tpe2.jpg
台北までは約4時間のフライト。
tpe3.jpg
機内食とワインに映画を楽しみながらのんびり過ごした。

台北に到着すると明日のペナン行きのフライトまで23時間ある。
その間を台北市内で過ごすのですぐに入国をする。
tpe5 6
無一文のオレ達はすぐに両替所へ。
tpe7.jpg
滞在時間も短いので必要最低限の3000円分だけ両替。
約1100NTDを手に入れる。(当時のレート 1NTD=約2.8円)

まずは宿のある台北車駅を目指す。
タクシーという選択肢もあるがもちろんバスで行く。
いつもの事だが海外でタクシーに乗るという割高な行動はほとんどしない。
たとえ現地で物価が安くてもあえてしない。
基本的には現地に行ったら現地の物価で割安な行動をする。

tpe8.jpg

tpe9.jpg
桃園国際空港から台北車駅までは約1時間、125NTD。
バスはオレ達でちょうど満席になりすぐに出発。

周りの景色は日本とさほど変わらないのであまり海外に来た感じはしない。
tpe13.jpg

無事に台北車駅に着き宿まで歩く。
tpe10.jpg
台北駅の謎のオブジェ。ソウルの鐘路を思い出す。
tpe11.jpg
ちょうど大統領選の真最中。選挙関連のポスターが目立つ。
tpe12.jpg
ストリートライブをする台北の人。

今回の旅は出来るだけ安く過ごすため台北も安いゲストハウスを予約していた。
tpe14.jpg
大通りから入った路地裏にその宿はあった。

tpe16.jpg
「ゲストハウス あかり」である。
インターフォンを押すと日本人オーナーが出迎えてくれ1泊分の料金450NTDを支払う。

部屋は2段ベットでシャワー・トイレは共同。
1つ下の階には共同のリビング。
屋上は喫煙&洗濯スペースとこんな感じ。。。
tpe21.jpg
ながーい階段
tpe20.jpg
屋上の喫煙&洗濯スペース
tpe17.jpg
共同の洗面所
tpe19.jpg
共同のシャワー・トイレ
tpe18.jpg
部屋は2段ベット。とてもシンプルの作り

日本人オーナーのせいかリビングに数人の旅行者がいたが皆日本人。
しかも話し掛けないでオーラ満点だったので何もしゃべらなかった。
なんかちょっと寂しいねー。

まぁそれはさておき宿に着き重いバックパックを下ろした所でそろそろ台北の街へ出てみよう!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。