上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
仙台駅では少し早めにホームに降りる。

B級グルメ揃いの立ち食いを発見!
DSC08801.jpg
牛タン食べてなければ是非行きたい所だった。。。

16:03発 (仙台→福島)
仙台からの電車で今回発の事をする。

電車でビール!!
やはり旅にビールは欠かせなく(常に欠かせないが)
DSC08806.jpg
車内で飲むビールはうまい!
発車して間もなく飲み干してしまった。
次の福島では乗り換え時間が短いため
福島を出てからの郡山での数分の停車時間中に買うことに決めた!

そういえば空はかなり曇ってきたなぁ。

福島着17:16 (乗車時間 73分)

17;24発 (福島→黒磯!?)

この電車の終着黒磯は栃木県。
と言う事でこの区間を乗りきるとついに関東に入る!

福島を発車してすぐドラマのように突然雨が降りだした。
しかもその降り方尋常じゃない。
まさにゲリラ豪雨。
少しすると小降りになり45分程度で郡山へ到着。
急いで下車しビールを買いに走る!
そしてビールを買って車内に戻った時不幸は起きた。

さっきの豪雨で白河~黒磯間で運転見合わせとなってしまったのだ。

車内でビールを開け運転再開を待つも一向に動かない。
時間的にこのまま動かないと最悪今日は帰れないかも。
しかも18きっぷの期限は今日9月10日まで。
遅延の場合などの保証はたしかしてくれなかったはず。。。

あっという間に30分が過ぎビールも空に。。。
どうしよう。。。
その時車内アナウンスが。
「この電車、雨の影響で郡山~矢吹間で折り返し運転します」
矢吹ってどこ!?
そこまで行ってその先進めるの?
色々悩み、ふと思った。
新幹線は動いてるはず。
かすかな望みを持って下車し、新幹線改札に行ってみると
なんと在来線見合わせ区間の郡山~那須高原間を振替乗車させてくれる事に!!
こんな事あるんだぁ!
DSC08812.jpg
まさか18きっぷで新幹線に乗るとはなぁ(笑)

19:02発 郡山→那須高原(新幹線)
DSC08814.jpg
東北新幹線に乗り込む。
同じような人で自由席はごったがえす。
やっぱり新幹線の乗り心地は最高だなぁ。
昨日今日で長時間普通列車に乗っていたから新幹線のすごさが見にしみる。
そのまま東京まで行きたいが那須高原で下車。
大量に那須高原で下車するので郡山以前より乗っていたから人は何事か!?
と思ったに違いない。。。
那須高原着19:30 (乗車時間 28分)

19:37発 那須高原→宇都宮
DSC08816.jpg
新幹線ワープした俺達は那須高原から宇都宮を目指す。
ワープしたおかげで当初乗る予定だった宇都宮行きにピッタリ間に合った!
今までずっと2~4両だった電車はここからは10両に。
東京に近づいている事を実感。

宇都宮着20:21 (乗車時間 44分)

宇都宮駅に着いてすぐに次の赤羽目指して座席を確保。
宇都宮といえば餃子と言うことで一度改札を出て餃子とビールをゲット!
急いで再び電車に乗り込む。

20:38発 宇都宮→赤羽
DSC08817.jpg
いよいよ東京目指して出発。
さぁビールに餃子だぁ!
っと行きたい所だが餃子の匂いと来たら半端ない。。。
開封してないのにこの匂いだから開封したら
異臭騒ぎで通報されんじゃねえか!?って感じ。。。
そこそこ人乗ってるしなぁ。
しばらく車内が空くまで我慢する。
そして古河でだいぶ人が降りたのでいよいよ餃子をいただく!
DSC08819.jpg
ぬるめのビールと冷めかけの餃子だがやっぱり美味い!

でももう車内餃子はやめよう(笑)

赤羽着21:57 (乗車時間 79分)

22:01発 赤羽→新宿
いよいよ東京に帰ってきた。
赤羽からは釜石での思い出を振り返っているとすぐに新宿に到着。

新宿着22:15 (乗車時間 14分)

長かった釜石への旅も無事終わった。
振り返ってみるとただ電車に揺られている時間だがとても充実した時間だった。

そして釜石に行くまではどうなる事かと心配していたお母さんとの再会もできて良かった。

釜石に行って良かった!
次はどこへ行こう??

またゆっくり考えよう。

釜石の夕暮れ
最後に・・・。
W氏が取った一枚。
鉄鋼の街、釜石らしい!
釜石が早く元気になりますように!!
スポンサーサイト
お母さんと別れた俺達は後ろ髪を引かれる思いで釜石を後にした。

9:14発 釜石→花巻
DSC08770.jpg
釜石を出発したドリームラインは多くのトンネルを抜けてゆっくり進む。
昨日見た景色なのにまた全然違う気がする。

車窓からの景色で1つ気になるものが。
DSC08778.jpg
この辺りにある家の屋根は少し変わった形をしている?
いったいなんなのだろう?

思ったより短く感じた2時間の旅。
花巻着11:12 (乗車時間 118分)

花巻では少し時間があったのでお土産屋さんを物色。
先日もらったジュエドルさんからの返信用に絵はがきをゲット!
DSC08782.jpg
銀河鉄道の夜。

11:44発 花巻→一ノ関
この区間、思いのほか混んでいた。
この旅初の立っての乗車。
座りっぱなしも辛いのでこのくらいがちょうどいい。
一ノ関着12:35 (乗車時間 51分)

一ノ関での乗り換えの際にビールを買いに行ったのだが南部びじんのワンカップを発見!
自宅で飲むように思わず購入。
画像取るのを忘れた(泣)

12:46発 一ノ関→小牛田
昨日は仙台→一ノ関は直通だったが今日は小牛田で乗り換え。
多少疲れも出ていつの間にか眠りに落ちた。。。
W氏に起こされ小牛田で下車。
小牛田着 (乗車時間 47分)

13:37発 小牛田→仙台
この区間では海沿いに絶景が見えた。
日本三景の一つ松島である。
松島~塩釜間で見えるのだがやっぱり素晴らしい。
実際に降りた事がないので次はゆっくり眺めてみたいなぁ。
DSC08789.jpg
写真ではうまく取れず残念(泣)

やっとの事で仙台到着。
すでに14時半。腹ペコ!
仙台着14:23 (乗車時間 46分)

仙台に着いた俺達は迷わず牛タンを食べに行った。
DSC08798.jpg
場所はお約束の「伊達の牛タン」
オレは牛タンミックス定食を注文。
DSC08797.jpg
塩味と味噌味が半分づつ。贅沢な一品!
柔らかくて厚くて当たり前だが東京の焼肉屋で食べるのとは大違い!

DSC08796.jpg
一緒についてくるテールスープも最高。
しっかり肉も入っていて、白髪ネギとの相性も最高。

久々に伊達の牛タン食べたけどやっぱり旨すぎる!

次の電車まで時間もあったのでお土産散策。
Aちゃんに笹かま、チビ達にはずんだ味の煎餅を購入。

さてさて長い道のりも残り約半分。
東京目指してひたすら南下します!

しかしこの時はこの後起こるトラブルを予想できるはずもなかった。。。
2011.09.14 釜石をRUN
少し前後するが釜石でももちろん走ったよ。

着いた日の夜は被災していない中妻地区をRUN。
2日目は被災した港側をRUN。

メイン商店街から少し入った道から走った。
DSC08747.jpg
裏路地の建物も無惨な姿。
DSC08744.jpg
保育園。園児は無事だったのかなぁ?

そして海に出て釜石警察付近を走る。
DSC08751.jpg
この辺りは建物が何もなくなっていた。

DSC08750.jpg
車の上に車。。。
DSC08753.jpg
泥が沢山詰まった車には中から雑草が生えていた。
時間経過を物語っている。。。

さらに市役所方面に戻りさらに港側へ走る。

驚きの光景が。。。
DSC08756.jpg
DSC08757.jpg
大型の貨物船が堤防に突き刺さっていた。
隣の建物をみてもその大きさがわかる。
津波の破壊力とは本当に恐ろしい。

今まで色んな国、場所を走ってきたが今回が一番辛いRUNであったのは間違いない。

最後に・・・。
ホテル前でこんな光景も。。。
DSC08743.jpg
甲子川に野生のシカが!!
ホッとする瞬間でした(笑)
釜石に到着した俺達はまずは大町の商店街を歩いてみた。
DSC08723.jpg
商店街のガレキは多少片付いているものの当然全く機能していない。

破壊されたままの街は静けさと無惨さに包まれている。
今回で釜石の街を見るのは3度目だが相変わらずこの光景を見ると言葉を失う。

その後ホテルにチェックイン。
DSC08763.jpg
今回お世話になったホテル。

オレは釜石の被災していない中妻地区を5Km程ランニング。
そして昨日から入れていなかった汗をホテルの大浴場で流した。

汗を流してさっぱりした俺はついにお母さんがいるであろう店を目指す

ホテルから20分程歩いて、事前に電話で聞いた住所を目指す。

大通りから1本奥に入ったさらに奥にお店を発見!
DSC08731.jpg
でも1回電話して住所と9月9日に釜石に行くと伝えただけ。
果たしてオレの事覚えてるかなぁ?
不安な気持ちのままドアを開けてみる。。。

中には2人程先客がいてお母さんと娘さんと思わしき女性2人がカウンターの中にいた。
お店はカラオケスナック風のお店でカウンターに7席とテーデル席1つの小さなお店。

お母さんの反応は特になし。
お母さん覚えてなさそう。。。

そりゃそうだよね!
たまたまボランティアの帰りの酒の席で少し話しただけだもんね!
わざわざ東京からくると思わないでしょ!

DSC08733.jpg
そんな気持ちのまま席に着きとりあえずビールをいただく。
そしてつきだしのさんまの刺身といかの刺身をいただく。
やっぱり釜石は海の町。
最高にうまい!

そして娘さんがビールを注いでくれたので聞いてみた。
オレ「実はお母さんと北上で会った事があるんです。」
娘さん「知ってるよ。今日東京から来るって言ってたよ。」

そしてそれを聞いてたお母さんが
お母さん「覚えてるよ!電話して来てくれたでしょ!?」
その瞬間オレは体中の血が熱くなった気がする。

そして次は三陸産のメカブ。
さらにイカのふいり。
DSC08732.jpg
このふいりが最高に旨かった!
ふは肝だから新鮮なイカじゃなきゃダメだそうだ。
お母さん「今日は遠くからお客さんが来るからって
     漁師さんに特別に新鮮なイカを沢山もらったんだよ。」

ジーンと来た。。。
涙が出そうなくらいうれしかった。

お母さんの料理は本当に美味しかった。
DSC08734.jpg
このサバ味噌も最高!

その後もお母さんと色々話した。
常連さん達とも沢山話した。
そしてみんなで笑った。
まだまだお店にいたかったが時間となりお母さんと連絡先を交換しお店を出る事に。
最後は常連さんと握手を交わし、ママともまた来るから!
と約束をして釜石の街を歩いてホテルへ戻った。

こんな遠い町でこんなに幸せ時間を過ごせた。

お母さんは津波で元々あったお店が全壊。
でも前を向いて頑張っている。
お母さんにガンバれ!っていうつもりがこっちが沢山の元気と勇気をもらった。


お母さんとの時間を思い起こしてホテルで釜石の酒「浜千鳥」を飲みながら
いつの間にか眠りに落ちてしまった。。。
DSC08742.jpg
浜千鳥

そして翌朝・・・

釜石を再びランニングし(これはまた別で書くね)
ホテルを出て電車の時間まで昨晩お母さんに教えてもらった
駅前の市場内でラーメンを食べてると突然携帯がなる。

とりあえず出てみるとお母さんからだった!
お母さん「今どこにいるの?」
オレ「市場内でラーメン食べてる」
お母さん「わかった、待ってて、すぐ行くから」
それだけ言って電話が切れた。。。
待つ事数分、本当にお母さんがやって来た!
そして一緒にラーメンを食べる。

DSC08767.jpg
サンフィッシュ釜石内の食堂

DSC08768.jpg
一緒に食べたラーメン。

お母さん「昨日は本当にありがとうね。何もできないけど見送りに来た。」
オレが勝手に来ただけなのに!
そんな事を思いつつこんなサプライズに大感動。
そしてすぐに電車の時間となってしまってもう一度お母さんと握手をして
また会いに来ると約束して改札に入ったのだった。

お母さん本当に本当にありがとう。
これからもずっと元気でかわいらしいあったかいお母さんでいてください。
また会いに行きます。

仙台に到着し、次の一ノ関行きの電車を探すと
なんと今乗ってきた電車が一ノ関行きになっていた。
栃木から岩手まで走るこの電車はすごいなぁ!

10:40発 仙台→一ノ関
仙台のコンビニで買ったサンドイッチを車内で食べる。
ローカル線内で食べる朝ごはん。
なかなか美味しい!
DSC08687.jpg
のどかな田園風景

腹が満たされたら再び睡魔が。。。
気付いた時には一ノ関だった。
一ノ関着12:18 (乗車時間 98分)

一ノ関でついに車両が変更、跨線橋を渡りさらに北を目指す電車に乗り込む。

12:23発 一ノ関→花巻
DSC08688.jpg
一ノ関発の2量編成の電車はかなり混んでいた。
2駅走って理由がわかった。

今年世界遺産登録された平泉だ。
DSC08689.jpg
平泉で大量に下車。
今まさに街は世界遺産で賑わっているんだなー。
さらに水沢、前沢を過ぎいよいよ北上。
北上はボランティアの時に泊まった場所で今回釜石に行く事にしたお母さんと出会った場所。
そしてすぐに花巻に到着!
さぁ次に乗る電車はいよいよ目的地釜石行きだ。
DSC08692.jpg
ずっと乗ってきた東北本線の線路。
花巻着13:15 (乗車時間 52分)

DSC08691.jpg
花巻は宮沢賢治ゆかりの地。
次の電車まで1時間程時間があるのでお昼を食べるため途中下車した。

駅前のロータリーを右方向に進み歩く。
すると前から大きな山車がやってくる。
DSC08694.jpg
どうやら今日はお祭りらしい。 子供から大人まで町を練り歩いている。

DSC08695.jpg
ちょうど3日間お祭り期間中だった!

お昼は地元の食堂でラーメンを食べることにした。
駅前から5分ほどの「高権」
DSC08701.jpg
入り口にはお祭りの飾りつけがしてあった。

俺は店員さんのおすすめ、一番人気の高権メンにした。
DSC08699.jpg
醤油ベースのスープに極細めん。
その上にとき卵と白菜、しいたけなどをあんかけにしてある。
あつあつのいっぱいになかなか満足。

何より店員さんの人の良さがうれしかった。
何気ない世間話やお祭りの話などをした。旅はこういう人との出会いが欠かせない。
ありがとう!みなさん!

駅に戻りさぁ目的地釜石に向けて最後の電車に乗り込む!

14:38発 花巻→釜石
DSC08780.jpg
今までは東北本線をひたすら北上したがここからは釜石線に乗り東の沿岸を目指す。
釜石線は別の愛称がある「銀河ドリームライン釜石線」
宮沢賢治の「銀河鉄道の夜」のモデルになっていることに由来するらしい。
DSC08718.jpg
銀河ドリームラインのマーク。

DSC08703.jpg
各駅にはエスペラント語の愛称がある
この鱒沢駅は「ラクタ・ヴォーヨ(天の川)」

2両編成のその車両は帰り支度の学生や小京都・遠野観光の乗車客で込み合っていた。


今までの電車とは違ってさらにローカルな感じ。
ひたすら山の中と田んぼの中を走る。
この電車は今回の中で一番楽しみにしていた電車。
DSC08709.jpg
特に遠野の前の田んぼの中をひた走る景色は大好き!

DSC08715.jpg
収穫前の稲穂と線路が光を浴びてとても綺麗。
お気に入りの1枚。

遠野は民話「遠野物語」舞台。
まだ読んだことないのでいつかは読みたいな。

他にも遠野と言えば伝説の河童が有名。
町のいたる所に河童がデザインされている。
そういえば前に来た時、道の駅で「カッパ捕獲許可証」が売っていたなぁ。。。

遠野を過ぎてさらに走ること1時間。
仙人峠を越えていよいよ釜石に到着。
DSC08717.jpg
釜石着16:39 (乗車時間 121分)

目の前には新日鉄釜石の工場と高く積み上げられた瓦礫が見える。
長かったなぁ。 でも感無量。

今日はこれから街を少し歩いてその後、お母さんのお店に行って来るよ!
オレの事覚えててくれるかなぁ??


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。