上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ソウル旅行記 -5月9日 3日目-

いよいよ最終日。
昨日はホテルに帰ったのも遅かったので
今朝はゆっくりめに起床。

そしてウェアに着替え再びランニング。
昨日とは違うコースを回ってみる。
安国~仁寺洞~鐘路~清渓川~明洞~忠武路~鐘路3街
DSC04521.jpg
仁寺洞で見つけたオブジェ。 センスのいいお店が並ぶ街。

DSC04539.jpg
ソウル市民憩いの川。清渓川。 

DSC04535.jpg
朝の澄んだ空気で見えたソウルタワー。

こうして街を走っていると地理感覚が養われるし
電車やタクシーだと気づかない景色にもふと気づくことが多い。
ゆっくり1時間ほど走った。

ホテルに帰り、昨日同様GS25で買っておいた朝ごはんを食べる。
今朝はプルコギバーガーとあま~いコーヒーをいただく。
DSC04546.jpg

今日でチェックアウトなので荷物をパッキングする。
ここ数年、旅を繰り返しているのでこのパッキング術も
かなり効率よくなってきた。

そしてチェックアウトすると今日は特にやる事もない。
飛行機は夜8時だ。  さて何をしよう。
友達がお土産を買いたいとの事。。。
じゃあスーパーを探そう!

旅先でお土産を探すときは土産屋を探すより
スーパーとかコンビニの方が安くと面白いものがある。

早速ソウル駅にある「ロッテマート」へ。
ロッテマートは比較的大きなスーパーだった。
DSC04555.jpg
外から見たロッテマート。

スーパーでは韓国の酒、海苔、ラーメン、お菓子たっぷりゲット!
DSC04565.jpg
日本語がわかるスタッフが多いことには驚いた。

そのままスーパーの中のフードコートでランチ。
最後の日だし韓国らしいものを食べたい。。。
冷麺かビビンバ・・・。  冷麺にしよう!!
DSC04557.jpg
韓国にある食品サンプル。

番号が呼ばれ取りに行く。
食べてみる・・・・。
麺がすっげー長くない!?
そうだ! 取りに行ったときに横にはさみがあった。
あれで切るのだ!!
麺をカットし再び食してみる。 うまい! が辛い!!
DSC04586.jpg
麺がながーい冷麺。

おなかもいっぱいになりやることもないので
近くの南大門市場へ歩いていった。
相変わらずすごい人。。。
DSC04578.jpg
南大門市場の様子。

DSC04584.jpg
大好きなキムヨナの看板も多かった。。。


しかも迷路みたいにすごい数の商店。。。
みんな日本人と見分け日本語で声をかけてくる。
みんな生きるために必死なのだ。
ロデオストリート同様、ブラブラしたが結局何も買わなかった。
というのもこの時点で残金は5000ウォン程。。。
何も変えないのが現実かなぁ!

そうこうしているうちにいい時間になったので
ソウル駅に戻り、空港行きのバスを探す。
なかなかわからなかったがバス係のおじさんに案内され
無事乗ることができた。
DSC04587.jpg
バスを案内してくれたおじさん。


そして空港に着き羽田を目指しソウルを後にした。。。

今回でソウルは3度目。正直、期待していなかった。
でも24才で初めて行ったソウル。
  27才で行った2回目のソウル。
  そして31才になって来た今回のソウル。。。
数年しか経っていないが全てが違う旅であった。
そして今回、最高に楽しかった!!
DSC04570.jpg
ソウル駅を見上げてたたずむ、バックパック姿のオレ。

24・27の時と年齢も違うが
今回はあきらかに20代の時と旅のスタイルも変わった。考え方も変わった。
20代の時の旅、30代に入っての旅、その時にしかできない旅があるのだ。
5年後にまた来るとしたら、きっとまた違う発見ができるのだと思う。

だから旅はおもしろい!!!!

旅は病だ!!!!

2010/5/15/20:50
スポンサーサイト
ソウル旅行記 -5月8日 2日目(後編)-

ソウルへ戻ってきたオレはそのまま
ロッテ百貨店のロッテリアへ。
韓国にはどこに行ってもロッテリアがある。
少し疲れたのでソフトクリームを注文。
DSC04469.jpg
値段はなんと5000ウォン! 安い!

少し体力も回復したところで、ソウルでもう1つしたかった事
韓国の野球を見に行く事にした。
今日の試合はLG-KIA。

地下鉄を乗り継ぎ総合運動場駅で下車。 試合開始まであと1時間。
当日券発売がほとんどと聞いていたので安心していたが
あまりの人の多さに不安になってきた。。。
地上にあがる。 ・・・。 人の海。。。
チケット売り場を見つけ早速並んでみた。
なんとなく不安になり、後ろに並んでいた眼鏡をかけたガリ勉風の男の人に訊ねてみた。

オレ   「チケットはここで買えるの??」
ガリ勉君 「ソールドアウトだよ! これは予約した人の列だよ!」
オレ   「・・・・・・。」

愕然とした。 まさかまさかのチケット完売。。。
ここまで来たのに。。。
仕方ない。ホテルに戻るか。。。
イヤイヤ、ここまで来たのだ! たかのてるこなら必ず何かを探して粘るはず!!
(ちなみにたかのてることは貧乏旅行者にはおなじみの
  「ガンジス河でバタフライ」をしたすごい人である。)

そうだ。絶対、ダフ屋がいるはずだ。
探してみる。。。  あきらかに怪しいおやじにおばさん。。。
行くっきゃない!!

早速怪しいオヤジに「How much??」と声をかけてみる。
いきなり韓国語でまくしたてられる。 焦る。
でもなんとか身振り手振りで意思の疎通をはかると、どうやら20000ウォンらしい。
チケットには12000ウォンと見える。
相場がわからないのでとりあえず値下げ交渉。
するとオヤジはすごい剣幕で起こり出した!

しょーがないので他のダフ屋をあたる。
すると今度も20000ウォン。
しかもチケットには7000ウォンと見える。。。
さっきより全然高いじゃん! 次だ!
最初はダフ屋に声をかけるのもためらっていたが、人間すぐに慣れるものなのだ。
次から次へとダフ屋に声をかける。

ダフ屋のチケットですら少なくなってきていて
ダフ屋の回りには韓国人が群がり値段交渉をしている。
そこを諦めず割り込んでオレも交渉!
大和魂を見せてやる!
しかし20000ウォン、30000ウォン。みんな強気だ。

そうだ!最初のオヤジにあのチケットを売ってもらおう!
そして人混みをかき分けやっと見つけて声をかける。
オレ   「チケット プリーズ」
オヤジは両手を広げて
「ソールド アウト!」的な韓国語を返してきた。
そりゃそうだよね。。。
さらに回るがもうどのダフ屋をチケットをさばき終わり
逆に余り券を探している。 ヤバイ。入れない。。。

諦めかけたその時!
赤い帽子を被ったオヤジが怪しげな行動。
絶対ダフ屋だ!!
すかさず声をかける。
オレ 「ハウ マッチ?」
オヤジ 「20000ウォン」
一瞬迷うが、もうチケットもほとんどないはず。。
しかもオレの交渉を見つけたライバル韓国人達がそのチケットを狙っている。
オレ  「OK!プリーズ!」
ついにチケットをゲットした!
DSC04473.jpg
赤い帽子のダフ屋のオヤジ
DSC04474.jpg
やっと手に入れたチケット。

オヤジに別れを告げ急いでゲートへ!
中に入るとhite(ビール)とビニールの応援グッズを購入。
ビニールの膨らませ方がわからず、地元の野球少年にお願いして膨らませてもらった。
DSC04477.jpg
ビニールの応援グッズを売ってくれたオバチャン
DSC04476.jpg
ビニールに空気を入れるファン達。

いざスタンドへ。。。
オレのチケットは外野の自由席。
その時外野席はすでに超満員。どうしよう。。。
でもよく見るとみんな通路の階段にも座り出している。
ここしかない! 急いで席をゲットした。
DSC04481.jpg
外野席から見る球場の雰囲気。

試合は接戦でかなり楽しかったし、日本とは違う球場の雰囲気に大満足!
ただ試合よりろダフ屋との攻防が何より楽しかった気がする。
DSC04484.jpg
元中日のイ・ジョンボム。

DSC04487.jpg
どこの国にも必ずいるこういう役回りの人たち


試合が終わると腹も減ったので鐘路3街で友達と合流。
今日は屋台を物色する事にした。
鐘路3街は立式の軽めの屋台が数多く並んでおり、早速1件入ってみた。
DSC04493.jpg

いい匂いが漂うなかトッポギをオーダー。
モチモチした食感がたまらない。しかも後から来る辛さがまたいい!
次にキムパブ。昨日のとは違い、軽い感じでこれまたよろしいではないか!
DSC04494.jpg
あつあつ甘辛なトッポギ。

DSC04496.jpg
たくわんのキムパブ。

腹がふくれてきた所で、座れる屋台が多い南大門へ移動。 さらに屋台を探す。
ここは観光地でも有名なので日本語の客引きが多い。
その中でオネェ系お兄ちゃんがやってる屋台へ入る。

色々悩んだが海鮮チヂミとタコのコチュジャン炒めをオーダー。
あっ、あとhiteもね!
DSC04501.jpg
オネェ系お兄ちゃんの店先。

DSC04504.jpg
海鮮チヂミ。外はカリカリ。

DSC04506.jpg
タコのコチュジャン炒め。

DSC04503.jpg
韓国ビールのhite。

海鮮チヂミは外はカリッとしてかなりうまい!
タコのコチュジャン炒めも予想以上のウマさで、この旅1、2を争う味。
こうやって異国の屋台で過ごす時間ってまさに生きてるって感じだよね。

再び鐘路3街へ戻りホテルへ・・・。
のその前に! 鐘路3街を歩くと再びたくさんの屋台が目に飛び込んできた。
腹一杯だがデザートは別腹!
っという事で韓国式クレープとでもいうような物を見つけ
数種類ある中身から緑茶味をオーダー。
生地がモチモチしていてかなりいい感じ! しかも1000ウォンと安すぎ!
DSC04508.jpg
やさしそうなクレープ屋台のオムニ。

腹も心も満たされホテルへ歩いて帰ると一気に睡魔に襲われ
夢の中へ落ちていきました。。。
とにかく充実した一日だったよ!!

DSC04510.jpg
韓国屋台の外からの風景。 アットホームさがたまらない。 


2010/5/14/13:47
ソウル旅行記 -5月8日 2日目(前編)-

2日目の朝は5時半に起床。
起きたらまずする事、それは東京でも、出張先の地方でも、海外でも変わらない。
街を走る。。。  早速ウェアに着替えて外へ。
ソウルは東京より北にあるのでこの時期でも朝はヒンヤリした。

昨日見た「昌徳宮」が僕を迎えてくれた。
朝日の中で見る「昌徳宮」は昨日とはまた違う顔を見せてくれた。

そこからすがすがしい道を走りぬけ東大門へ。
DSC04368.jpg
昌徳宮~東大門~鐘路5街~鐘路3街~安国を30分程走った。
DSC04371.jpg
朝日を浴びる東大門。

DSC04380.jpg
鐘路5街付近のへんなオブジェ。

DSC04383.jpg
鐘路3街の屋台街。 さすがに朝は営業していなかった。

やっぱり海外を走るのは楽しい!
いつもの見慣れた街とは違い、目に映る全てが初めてみるものなのだ。
まさに旅をしていると実感できる瞬間である。

ホテルに戻り昨日近くのコンビニ「GS25」で買っておいた
パンとあま~いコーヒーを飲む。
そして再び一人ホテルを出た。

今日はずっと行きたかった「板門店」へ行くのだ。
板門店は南北の停戦のために作られた軍事境界線の施設。
映画「JSA」でも有名な場所。
この映画を何度も見てその度にいつも「自分ならどうするか??」と考えさせられた。
だからどうしても行きたかった場所である。

映画「JSA」

待ち合わせはロッテホテル。
地下鉄の改札を出たが、いまいち道がわからず、通りがかりの女の子3人組に訊ねた。
しかしその子たちもわからないらしく、1人の子が違うおじさんに訊ねてくれた。
すると僕の地図を囲んで女の子達、おじさん達みんなで考えてくれ
結局おじさんがホテルの近くまで連れてってくれた。
なんか人の温かさを感じたよ。 みんなありがとう!!

無事ツアーの受付を済ませバスの乗り場に行く。
オレの座席番号は「45」
バスの乗り込むとすでにほぼ満席。
そして「45」を探す後方に41が見えその周りを探す。
・・・・・・。  ナイ!座席が44までしかない!!
どういう事!? もしかして行けないの!?

出発時間になりガイドが来た。
オレ  「すみません。僕の45ないんですけど!!」
ガイド 「ごめんさい。44人乗りのバスでした」
オレ  「エッーーーーー!!」
ガイド 「ガイド用の席が1つ空いているので私の隣にどうぞ!」
って事でガイドさんの横の一番前の席に座れることに。。。
メチャクチャ焦ったよ。。。 
まぁ旅にはハプニングがつき物。 これも良い思い出だ!
DSC04389.jpg
ツアーデスクの入口。

DSC04441.jpg
オレの座席がなかったバス

行きのバスではガイドさんが、南北の歴史について話してくれた。
そして現在の南北関係について。。。
そして左方向にイムジン河が見えてきた。
いよいよ間もなく板門店の入口だ。
DSC04413.jpg
バスから見るイムジン河。北兵士が入れないよう有刺鉄線がある。 奥にうっすら見える山は北朝鮮。

まず最初に韓国軍のパスポートチェック。
その後、有刺鉄線が張り巡らされ、厳重警備された道を進む。
すると今度は国連軍のパスポートチェック、服装チェック。

そこを抜け国連軍ボニファスキャンプ内の施設で
さらに細かく南北の歴史を学ぶ。
 ・どうして、南北2つに分かれてしまったのか
 ・どうして、朝鮮戦争がおきたのか
 ・板門店の歴史

そしていよいよ板門店へ向かう。
到着したが本会議場では現在、北朝鮮側の観光客がいるらしく、バスの中で待たされた。
その後しばらくしてOKが出て、バスを降り韓国軍に守られながら前へ進む。
そこには映画で見た景色そのもので、すぐそこには南北の軍事境界線、すなわち国境があった。
DSC04428.jpg
奥の建物は北朝鮮の物。階段上やや左で北朝鮮兵がこちらを監視している。

南北が軍事的な会議をする際に使われる本会議場へ入る。
そして真ん中のテーブルを境に、向こう側は北朝鮮である。
この中だけは、その国境を越えられる。
生れてはじめての陸での国境越え。 しかも北朝鮮入国。
ピリピリムードの中、少しだけ写真撮影がゆるされた。
DSC04415.jpg
北朝鮮側から見た軍事境界線。

DSC04419.jpg
韓国軍の兵士。ピクリとも動かない。テーブル中央が国境。

時間になり外へ出ると北朝鮮の兵士がこちらを見つめている。
この緊迫感はなんだろう。 今まで生きてた中でこんな緊迫感は味わったことがない。
ここはいつ戦争になってもおかしくない所なのだ。

再びバスに乗り込み板門店内の
「ポプラ事件」の現場、「帰らざる橋」を見る。
帰らざる橋は停戦決定時に、捕虜たちがこの橋の上で、南北いずれかの方向を選択すると
二度と帰って来ることができないことから、「帰らざる橋」と呼ばれるようになったらしい。
以来、南北分断の象徴となっている。 映画「JSA」でも出てくる橋。
DSC04435.jpg
帰らざる橋。

最後に国連軍ボニファスキャンプに戻り、1件だけあるお土産店へ。
そこでは北朝鮮のお酒やデノミ前、デノミ後それぞれの紙幣などが売っていた。
DSC04437.jpg
北朝鮮のお酒。


板門店を後にしツアーに含まれてるランチバイキングに立ち寄った。
洋食、韓国料理など沢山があり、まずは色々取って味見をする。。。
DSC04454.jpg
断トツでプルコギがウマい!!
それを確信し、ご飯をよそりその上にプルコギを。。 
プルコギ丼の出来上がり!  メチャメチャ旨い!!!!!
DSC04455.jpg


帰りのバスではガイドさんといろんな話をした。
ガイドさんの子供がもうすぐ徴兵に行く事。友達の脱北者の事。
韓国人はいつもどこかで戦争に怯えていること。
そして日本が平和な事。。。。。。

今回の旅は「自分を見つめなおす旅」をテーマにしていただが
この板門店ツアーに来て本当に色々考えさせられた。
本当に行ってよかった。

海外に行くといつも思うのだが
日本は平和な国で、格差があるとは言え海外に比べれば
比較できないほど裕福である。

そんな事を考えながらバスはソウルへ戻ってきた。

2010/5/13/12:31
ソウル旅行記 -5月7日 初日-

ソウルから帰ってきて2日。
まだソウルの余韻から抜けられないオレだが、まずは初日。

今回は初の羽田からの出国。
成田みたいな派手さはなく、本当になんか国内線ってかんじ。
しかも韓国に行くのって奥様方が多いんだね。。。

早速羽田を飛び立ち機内食。
2月のニューヨーク(AA)では14時間も乗ったのに、ビールは有料(泣)
今回はJALの特典航空券だが、飲み物サービスでは、ビールもOK!
(JALこそ、ビール有料にした方がいいような気が非常にする・・・。)

味噌汁とプレミアムモルツをオーダー!
ご飯もなかなかおいしかった。。。
DSC04294.jpg

そして無事、ソウル金浦空港へ到着。
地下鉄に乗ってホテルへ向かった。

今回のホテルは友達2人のツイン。2泊で1人\4,000。
ちょっと不安な感じがしたが・・・。やっぱりかなり怪しい感じ。
DSC04314.jpg

フロントで名前を告げると、何も言わずにいきなりキーをくれた。。。
エレベータで2Fへ。
ドアが開くといきなりピンクの照明。
恐る恐る部屋に入ると窓、にはクモの巣、ベットにはコンドーム。。。
ここってやっぱりそうだよね。。。

まぁ寝るだけだし問題ない!!
そこで友達とは別れ、オレは一人早速街へくりだした!

今回のホテルは地下鉄の安国と鐘路3街の間。
世界遺産の「昌徳宮」のすぐそば。
早速行ってみたが、決まった時間しか入ることができず今回は写真撮影だけ。
DSC04318.jpg

次はアウトレット街の文井洞へ。
地下鉄に揺られること1時間。
地上に上がってみたが、そこで地図を忘れたことに気づく。。。
どっちにアウトレット街があるのやら・・・。
迷いながら歩いていると、なんか賑やかに・・・。
おぉぉぉぉー! シンボルの「ロデオ像」があるではないか!
通称「ロデオストリート」
ここを1時間ほどブラブラした。
DSC04337.jpg

いつもそうだが、オレは買い物が好きだが、あまり買わない。
金がないのもそうだし、見ているだけでも結構楽しいんだよね!
ちなみに今回の旅の予算は、3日間で\10,000(117,000ウォン) ※2日目に出るが板門店ツアーは除く

その後、友達と待ち合わせの明洞へ。
早めについて小腹もすいたので屋台を物色。
DSC04345.jpg
そして「キムパブ」専門店へ。
韓国風海苔巻きだ。何とか指差し注文完了。
DSC04339.jpg
味もなかなかいい感じ。 このボリュームで2,500ウォンは安い!

さらに街をブラつき、その後友達と合流。
韓国と言えば焼肉!
焼肉店がひしめく通りを歩き、1件の店へ飛び込んだ。
まずはカルビにサムギョッサル。
すると、すぐに付け合せの野菜にキムチ類が登場。
そしてビールで乾杯!
DSC04356.jpg

DSC04358.jpg

ビールが終わると焼酎をオーダー。
韓国は焼酎が主流でギンギンに冷やした焼酎をストレートで一気するのだ。
オレも現地流にストレートで一気!  くぅぅぅぅーーー! 最高ーーー!!
DSC04359.jpg


焼肉を食べ終わると朝が早かったせいも合って疲れきってホテルへ。
2日目がメインなので初日はすぐに就寝zzzzzzz。

2010/5/11/22:35

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。