上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.06.07 永遠の0
最近読んだ本。

百田尚樹の「永遠の0」

百田さんで前に読んだのは「BOX」
大阪の高校のボクシング部を舞台にした青春物。
これはこれでかなり良かった!

しかしやっぱり「永遠の0」は良いと聞くので読んでみた。

0とは零戦の「0」
太平洋戦争での特攻隊を描いた物語。

臆病者でとにかく天才的な空戦技術を持つ宮部久蔵。
彼は家族のためにとにかく生きる。
どんな事があっても生きる。

でも時代とは悲劇である。
当時の軍国主義ではその願いも難しい。

そして待ち構える驚きのラスト。
途中、何度もウルってきたよ。。。

去年、海の特攻、「回天」の資料館に行きたくて山口まで行って来た。
今度はこの本を読んで鹿児島、鹿屋へ行く事を心に決めたよ。

【送料無料】永遠の0

【送料無料】永遠の0
価格:920円(税込、送料別)

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。