上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
仙台に到着し、次の一ノ関行きの電車を探すと
なんと今乗ってきた電車が一ノ関行きになっていた。
栃木から岩手まで走るこの電車はすごいなぁ!

10:40発 仙台→一ノ関
仙台のコンビニで買ったサンドイッチを車内で食べる。
ローカル線内で食べる朝ごはん。
なかなか美味しい!
DSC08687.jpg
のどかな田園風景

腹が満たされたら再び睡魔が。。。
気付いた時には一ノ関だった。
一ノ関着12:18 (乗車時間 98分)

一ノ関でついに車両が変更、跨線橋を渡りさらに北を目指す電車に乗り込む。

12:23発 一ノ関→花巻
DSC08688.jpg
一ノ関発の2量編成の電車はかなり混んでいた。
2駅走って理由がわかった。

今年世界遺産登録された平泉だ。
DSC08689.jpg
平泉で大量に下車。
今まさに街は世界遺産で賑わっているんだなー。
さらに水沢、前沢を過ぎいよいよ北上。
北上はボランティアの時に泊まった場所で今回釜石に行く事にしたお母さんと出会った場所。
そしてすぐに花巻に到着!
さぁ次に乗る電車はいよいよ目的地釜石行きだ。
DSC08692.jpg
ずっと乗ってきた東北本線の線路。
花巻着13:15 (乗車時間 52分)

DSC08691.jpg
花巻は宮沢賢治ゆかりの地。
次の電車まで1時間程時間があるのでお昼を食べるため途中下車した。

駅前のロータリーを右方向に進み歩く。
すると前から大きな山車がやってくる。
DSC08694.jpg
どうやら今日はお祭りらしい。 子供から大人まで町を練り歩いている。

DSC08695.jpg
ちょうど3日間お祭り期間中だった!

お昼は地元の食堂でラーメンを食べることにした。
駅前から5分ほどの「高権」
DSC08701.jpg
入り口にはお祭りの飾りつけがしてあった。

俺は店員さんのおすすめ、一番人気の高権メンにした。
DSC08699.jpg
醤油ベースのスープに極細めん。
その上にとき卵と白菜、しいたけなどをあんかけにしてある。
あつあつのいっぱいになかなか満足。

何より店員さんの人の良さがうれしかった。
何気ない世間話やお祭りの話などをした。旅はこういう人との出会いが欠かせない。
ありがとう!みなさん!

駅に戻りさぁ目的地釜石に向けて最後の電車に乗り込む!

14:38発 花巻→釜石
DSC08780.jpg
今までは東北本線をひたすら北上したがここからは釜石線に乗り東の沿岸を目指す。
釜石線は別の愛称がある「銀河ドリームライン釜石線」
宮沢賢治の「銀河鉄道の夜」のモデルになっていることに由来するらしい。
DSC08718.jpg
銀河ドリームラインのマーク。

DSC08703.jpg
各駅にはエスペラント語の愛称がある
この鱒沢駅は「ラクタ・ヴォーヨ(天の川)」

2両編成のその車両は帰り支度の学生や小京都・遠野観光の乗車客で込み合っていた。


今までの電車とは違ってさらにローカルな感じ。
ひたすら山の中と田んぼの中を走る。
この電車は今回の中で一番楽しみにしていた電車。
DSC08709.jpg
特に遠野の前の田んぼの中をひた走る景色は大好き!

DSC08715.jpg
収穫前の稲穂と線路が光を浴びてとても綺麗。
お気に入りの1枚。

遠野は民話「遠野物語」舞台。
まだ読んだことないのでいつかは読みたいな。

他にも遠野と言えば伝説の河童が有名。
町のいたる所に河童がデザインされている。
そういえば前に来た時、道の駅で「カッパ捕獲許可証」が売っていたなぁ。。。

遠野を過ぎてさらに走ること1時間。
仙人峠を越えていよいよ釜石に到着。
DSC08717.jpg
釜石着16:39 (乗車時間 121分)

目の前には新日鉄釜石の工場と高く積み上げられた瓦礫が見える。
長かったなぁ。 でも感無量。

今日はこれから街を少し歩いてその後、お母さんのお店に行って来るよ!
オレの事覚えててくれるかなぁ??


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。