上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.11.25 北の砲撃
北朝鮮が韓国の延坪島に砲撃した。

3月の哨戒艦沈没事故もあったがあの時の事故では
確実な証拠がなく国連でも議長声明に終わった。

今回はあきらかな北朝鮮の攻撃。
どうしてこんな事になるんだろう?

北の国民はこの事実をどう感じているのだろうか?
言論の自由がなく報道も規制されている。
教育も洗脳的ときてはやはり北の国民も
自国が正しく思ってしまうのだろうか??
きっと多くの北国民は軍事に力を注ぐのではなく
経済的に豊かになり毎日おいしいご飯を食べれる事を願っているはず。

5月にソウルの板門店に行った時
韓国と北朝鮮が戦争中である事を痛感させられた。
日本のすぐそばで起きている紛れもない現実である。
他人事には思えない。

北朝鮮は金正恩で三代世襲となる見込み。
彼はスイスに留学していたし
他の国の実情や外から見た自国もわかるはず。
だったらその知識を活かして北朝鮮を世界に開き
韓国とも平和関係を築けるのではないだろうか?
他国とも良好にできるのではないだろうか?
そういう意味では期待したい。

まずは戦争は止めて平和に向けて積極的に話し合ってほしい。

それでも戦争したいなら指導者自らが最前線に出ていけばいい。

結局犠牲になるのは国民だ。

上の連中はただ指示するだけなのだから。

2010/11/25/08:15
スポンサーサイト
トラックバックテーマより。。。

そーだなぁー。
今年行ったソウルの板門店かなぁ。
感動と言うよりフカーク考えさせられました。
皆さんも是非一度訪れてみてくださいね!

トラックバックテーマ 第1067回「実際に行ってみて感動した場所は?」



2010/10/22/10:17
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。