上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
それでは勝手に選んだ今年の甲子園ベスト3!

第3位 習志野 ー 金沢
習志野の素晴らしい機動力野球に加え
習志野2年生左腕のテンポの良い投球は素晴らしかった。

ちなみに金沢のピッチャーは個人的には今大会一番すごかった気がする。
それだけにそのピッチャーから少ないチャンスで得点するあたりが習志野は素晴らしい。

1つ試合を分けたプレーが気になる。
9回金沢は1アウト3塁で絶好の同点チャンス。
ここでスクイズをするがランナーが出遅れ3塁に戻りきれずタッチアウト。
あれはサインミスだったのだろうか?


第2位 八幡商 ー 帝京
8回まで3ー0で帝京リード。しかも帝京はほぼパーフェクトピッチング。
誰もが帝京の勝利を確信した気がする。

しかし9回にドラマが待っていた。
9回表の八幡商の攻撃、先頭バッターに代打。
しかし内野ゴロで1アウト。
ここで打順はトップに戻る。
ここから1、2、3番が3連打。1アウト満塁。
ここで4番だがここまで甲子園でノーヒット。
彼の打球は難しいショートゴロだが1塁へ気迫のヘッドスライディングで相手のエラーを誘う。
まさに気持ちが通じたプレー。 1点を返して尚満塁。

そして奇跡が起こる。
次の打者がカウント3ー2。
粘ってから外角を振り抜くとなんとライトポール際への満塁ホームラン!
絶体絶命から一気に5ー3に逆転!

しかしオレが感動したのがこの後だ。
9回裏の八幡商の守り。
実は前の回にピッチャーに代打を出していたのだ。
しかも彼は滋賀大会から甲子園まで1人で投げてきたらしい。

その結果9回裏のマウンドに上がるピッチャーはこれが予選含めて初当番。
しかも甲子園、相手は帝京。
この時は見ていてドキドキした。
そして彼は臆する事なく帝京打線を3人でピシャリと抑える。

そして八幡商が勝った。
最後まで諦めない。
試合をしているのは9人じゃない。
素晴らしい試合だった。

第1位 如水館 ー 能代商
能代商が先制し、すぐさま如水館が追い付く。
ここからは両左腕の投げあい。 試合はどう見ても如水館ペース。
しかし能代商エースが球速120km台の決して早くないストレートを
コーナーに集め何度も何度もピンチを乗り切る。
逆に能代商は如水館エースに全く攻撃の糸口がつかめない。

そして迎えた9回裏、如水館は2アウト2塁で好投のしてきたエースがセンターに大飛球を放つ。
フェンスギリギリまでセンターが追うがグローブからボールが落ちる。
誰もが如水館のサヨナラと思ったがそこからのセンター、ショート、キャッチャーへの
素晴らしい中継プレーで本塁タッチアウト!

まさかのまさかの延長に入った。
ちなみに如水館はこの試合で3試合連続の延長戦。

またしてもサヨナラのチャンスが来る。
再び2アウト2塁。
今度はライト前ヒット。
当然ランナーは3塁を回る。
しかしここでもまた起きる。
ライト、ファースト、キャッチャーの中継プレーで本塁タッチアウト!
またしてもサヨナラのチャンスを逃す。

するとついに能代商が相手のエラーで1点勝ち越す。
追い詰められた如水館だがエラーした選手が四球で出塁。
1アウト2、3塁でファーストゴロの間に果敢に本塁へ突入。
これがギリギリセーフ。自分のミスは自分で取り返した。

しかしもしも本塁タッチアウトだったら彼は立ち直れただろうか。。。
だからこそ素晴らしく勇気のあるプレーだった。
そしてその勢いのまま同じ回、如水館にサヨナラヒットが出て死闘に幕が閉じた。。。

最後の整列後、笑顔で抱き合う両エースの姿に本当に感動した。


能代商の素晴らしい中継をYOUTUBE動画発見!
このシーンを撮影した方がいたとは。。。 感謝いたします!
このアングルで見られたとはうらやましい!
しかしやはりいいプレーだなー。

さらに解説者の言葉で印象に残った事がある。
2つの中継プレーは少しでも送球がずれていたら本塁セーフでサヨナラになっいた。
能代商がやったプレーは基本のキャッチボールの積み重ねの上にあるプレーである。

なんか野球だけでなく全てに通づる気がする。。。

今年の夏も最高の感動をありがとう!
すごく前向きになれた!

そして次の春の選抜への予選は
すでに今月から始まるのである。。。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。